【ニュース】Microsoft、Microsoft Store広告を含む1月のプロダクトアップデートを発表

Microsoftは、2023年1月12日に、毎月実施しているプロダクトアップデートの一環として、Microsoft Store広告を含む新機能を発表しました。


目次

1. Microsoft Store広告
2. 今回の発表についてのコメント


※参考リンク:

Check out Microsoft Advertising’s January product roundup with a recap of what’s been recently released and what’s to come.




1. Microsoft Store広告

アプリとゲームを提供する広告主に、Microsoft ストア内で検索する顧客にリーチする機会を提供し、ダウンロード数、エンゲージメントの向上を図るためのMicrosoft Store広告が使えるようになっています。

Microsoft Store広告を使用するメリットは:

  • 製品の可視性とダウンロード数を増加させることで、検出しやすくする
  • シンプルかつ簡単な方法でキャンペーンを管理できる
  • パフォーマンス レポートを確認し、キャンペーンを最適化して顧客エンゲージメントを高める

としています。

日本語のヘルプページはありますが、全広告アカウントで使えるようになっているかは不明なので、パイロットの有効化と詳細については、アカウント マネージャーまたは サポートに問い合わせすることを推奨しています。


※参考リンク:


2. 今回の発表についてのコメント

年初のアップデートはライトなものでしたが、Windows対応のアプリやゲーム会社にはStores広告はニーズがありそうですね。また、近々、ローカル検索広告、Microsoft Edgeのマーキー広告、新たな業種別広告が発表予定と事前告知もされていました。Microsoft広告は今年もかなり進化し、取り扱いも増えていくと予想されるので目が離せませんね。

※参考リンク:

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。年明けからいくつか業界を揺さぶる発表がありました。それも含め、2023年のプラットフォームまわり...


著者

Related posts

Top