【ニュース】Google広告、類似オーディエンスセグメントを廃止

Google広告、類似オーディエンスセグメントを廃止

Googleは、2023年5月1日よりGoogle広告での類似オーディエンスセグメントの生成を停止、2023年8月1日よりすべての広告グループとキャンペーンから類似オーディエンスセグメントを削除すると発表しました。

目次

1. 廃止の理由
2. 自動化されたソリューションへの移行
3. 今回の発表についてのコメント


※参考リンク:

Starting May 1, 2023, Google Ads will no longer generate similar audiences (also referred to as “similar segments”) for targeting and reporting. If you have ...



1. 廃止の理由

今回類似オーディエンスセグメントを廃止するに至った経緯について、Google広告のProduct LiaisonであるGinny Marvin氏はTwitterにて以下のように回答しています。

※参考リンク:

また、2023年5月1日よりGoogle広告での類似オーディエンスセグメントの生成は停止されますが、既存の類似オーディエンスセグメントが設定されたキャンペーンについては2023年8月1日まで保持されるとのことです。


2. 自動化されたソリューションへの移行

Googleは今回の発表で、サードパーティCookieの廃止に伴い、より強力で耐久性のある自動化されたソリューションに徐々に移行し、プライバシーに対する人々の期待に応えられるようにすると発表しています。

また、以下のソリューションを類似オーディエンスセグメントの代替機能として示しています。

最適化されたターゲティング
最適化されたターゲティングを使用すると、サードパーティCookieに依存することなく、キャンペーンの目標に基づいて、コンバージョンに至る可能性が高い新規ユーザーにリーチでき、これまで逃していた可能性のあるオーディエンス セグメントを取り込んでキャンペーンの成果を高めることが可能です。

最適化されたターゲティングのパフォーマンスを確認するには、設定を確認したいキャンペーンのオーディエンスより、オーディエンスセグメントの表内の「合計: ターゲティングの拡大と最適化されたターゲティング」にて確認することができます。

注意点としては、画像のように合計のみが表示されるため、最適化されたターゲティングの内訳は管理画面で確認することができません。

※参考リンク:


オーディエンス拡張
オーディエンス拡張機能を使用すると、キャンペーンの目標に基づいて、より多くのユーザーに効率よくリーチできます。リーチが自動的に拡大されるので、Google 広告でのマーケティング目標の達成がさらに促進されます。

※オーディエンス拡張と最適化されたターゲティングの違い
オーディエンス拡張では、手動で選択したオーディエンスセグメントに類似したオーディエンスセグメントにリーチを広げることで、コンバージョン数を増やします。最適化されたターゲティングでは、コンバージョンに至ったユーザーが最近検索した語句など、キャンペーンのリアルタイムのコンバージョンデータに基づいて、コンバージョンに至る可能性が高いユーザーをターゲットに設定することでコンバージョン数を増やします。

※参考リンク:

Audience expansion allows you to reach your audience in a simple, goal-based way. With audience expansion, it’s easier to reach more people that matter to yo...


スマート自動入札
スマート自動入札は、機械学習に基づいてコンバージョン数重視またはコンバージョン値重視の最適化をオークションごとに実施できる入札戦略です。
自社データからのシグナル(カスタマーマッチリスト)に基づいた予測機能を使用して、最も価値の高い顧客にリーチすることも可能です。

※参考リンク:

Smart Bidding is a subset of automated bid strategies that use machine learning to optimize for conversions or conversion value in each and every auction—a f...


3. 今回の発表についてのコメント

新規ユーザーへのアプローチをしたい時に使われていた類似オーディエンスセグメントですが、サードパーティCookie規制の影響を受けるため廃止に至りました。
また廃止後は、パフォーマンスを向上させる意図から、より自動化されたソリューションへ移行する動きが見られ、運用者が調整できるレバーは今後も少なくなるように思われます。
自動化された機能はパフォーマンスの管理ができず、ブラックボックス化してしまう部分も多いため、検証を繰り返しながら最適化する必要がありそうです。



Top