【ニュース】Twitter、ロケーションスポットライトの提供を開始

Twitterロケーションスポットライト

Twitterは、2022年8月5日(金)に同社ブログで「ロケーションスポットライト」の提供を発表しました。


目次

1. ロケーションスポットライトとは
2. その他開発中のプロフェッショナル向けの機能
3. 今回の発表についてのコメント


※参考リンク:

Twitterを利用するすべてのプロフェッショナルに向けて「ロケーションスポットライト」の提供を開始します。




1. ロケーションスポットライトとは

ロケーションスポットライトは、店舗などが実店舗の所在地、営業時間、その他の連絡先情報をTwitterプロフィールの下に表示し、顧客が電話やテキスト、メール、またはTwitterのダイレクトメッセージで直接コンタクトを取れるようにするための機能です。また、Googleマップとの統合により、店舗やオフィスの位置を示す地図を追加できるようになりました。顧客はこの地図をクリックして道順を確認することができます。

Twitterロケーションスポットライトとは


2. その他開発中のプロフェッショナル向けの機能

Proアカウントユーザー向けの機能やサービスはそれ以外にも開発中で、いくつかは年内に発表予定と説明しています。

  • プロフェッショナルホーム:Proアカウントユーザーが、より多くのインサイトやリソースを入手できる、Twitter内の集中型リソースハブ「プロフェッショナルホーム」の導入を予定しています。Proアカウントユーザーはこのホーム上で、パフォーマンスの動向を追跡したり、商品プロモーションの状況を確認することで目的の達成度を高めることができるようになります。このプロダクトは、近日中に世界中のすべてのProアカウントユーザーによって利用できるようになる予定です。
  • プロフィールスポットライトの拡充:このスポットライトを利用することで、潜在顧客がProアカウントを発見したときに、なんらかのアクションを取るよう促すことができるようになります。年内のリリースを計画しています。

Twitter Proの設定画面をクリックして、通常アカウントからTwitter Proアカウントに切り替ることで、プロフェッショナル専用ツールにアクセスできるようになります。また、Twitterアプリの画面左をスワイプして表示できるナビゲーションメニューからTwitter Proを選択し、プロフェッショナル専用ツールにアクセスして利用を開始することも可能です。

※参考リンク:


3. 今回の発表についてのコメント

通常アカウントから切り替えるモチベーションになかなか至らなかったProアカウントですが、予定されているものも含め、これらが実装されれば利用する理由になりますね。プロフィールスポットライトの拡充も楽しみです。Facebookなどが先行しているビジネスページに近い位置付けのものになることが考えられますが、どの程度の機能を実装していくのか、果たして送客効果があるのか、注目したいと思います。

本内容はVoicyでも聴くことができますので、ぜひ聴いてみてください。今後も最新情報を放送しますが、アプリでお知らせを受け取れるので、Voicyチャンネルのフォローもぜひお願いします。


著者

Related posts

Top