【コラム】なぜGoogleはChromeのサードパーティCookie廃止を2024年まで再延期したのか

なぜGoogleはChromeのサードパーティCookie廃止を2024年まで延期したのか

Googleは、2022年7月27日(水)、ChromeブラウザでのサードパーティーCookieのサポート完全終了を開始する目標期日を2024年後半に再延期したことを発表しました。2020年1月の初回発表時には、2年以内にサードパーティCookieを廃止すると説明していました。1度目の延期で「2023年後半から段階的に廃止する」と変更され、今回の再延期で「2024年後半に段階的な廃止を開始する」と更新されました。


目次

1. 今回の発表の内容
2. なぜ2024年まで延期したか


※参考リンク:

ユーザーのプライバシーを保護しながら、インターネットでビジネスを成功させるために必要なツールを提供することは、開かれたウェブの未来にとって不可欠です。そのた...




1. 今回の発表の内容

サードパーティCookieは、複数のサイトを横断してブラウザの閲覧を追跡し、ターゲティング型の広告配信や効果測定などに用いられてきた一方で、オンラインでの行動がトラッキングされ、プライバシー保護観点のリスクがあることが指摘されてきました。そこで、GoogleはサードパーティCookieを代替しながらも、プライバシー保護を両立するための技術を構築するためのイニシアチブとして「プライバシーサンドボックス」を推進してきました。

Googleは、数カ月間に渡り、開発者がテストできるように、Chromeの新しいプライバシーサンドボックスAPIのトライアル版を多数リリースしてきました。このプロセスにおいて、開発者、パブリッシャー、マーケティング担当者、規制当局などから寄せられたフィードバックで最も多かったものは、新たな技術の評価やテストをするための「時間が必要」だったと説明しています。

プライバシー サンドボックス

これまで表明されていたスケジュールと新しいタイムラインと比較すると、Pre-Launch Testing(紫色)の期間が大幅に引き伸ばされ、General Availability(緑色)の時期も表明されました。

※参考リンク:

Googleは、2022年5月17日(火)、同社Chrome Developersブログで、この取り組みを発表して以来初の大きな更新となる、Android上のプライバシーサンドボックスの進捗状況...

その他発表されている内容は以下の通りです:

  • 開発者は現在プライバシーサンドボックスAPIをテストできる状況ではあるが、8月初旬から、プライバシーサンドボックスのトライアルは世界中の数百万ユーザーに拡大し、2022年の終わりから2023年にかけて、トライアル参加者を徐々に増やしていく。
  • ユーザーがトライアルに参加する前に、参加状況を管理するためのオプションが表示される。
  • 2023年第3四半期までに、ChromeでプライバシーサンドボックスAPIが公開され、一般に利用できるようになる。
  • 開発者がこれらのAPIを採用するのに伴い、2024年後半にChromeのサードパーティCookieの段階的な廃止を開始する。
  • 最新のタイムラインとマイルストーンは、プライバシーサンドボックスのウェブサイトサイトで確認できる。

※参考リンク:Privacy Sandboxのウェブサイトサイト

プライバシー サンドボックスはユーザーが侵害的なトラッキングをされることなくインターネットを閲覧できるように、オンラインのプライバシー保護を強化するための技術...


2. なぜ2024年まで再延期したかの考察

Googleのプライバシーサンドボックス担当ヴァイスプレジデントのAnthony Chavez氏はブログの中で次のように述べています。「私たちが受け取った最も一貫したフィードバックは、ChromeでサードパーティCookieを廃止する前に、新しいプライバシーサンドボックス技術を評価およびテストするための時間が必要だということです。このフィードバックは、プライバシーサンドボックスが効果的なプライバシー保護技術を提供し、業界がこれらの新しいソリューションを採用するための十分な時間を確保するというCMAに対する私たちのコミットメントと一致するものです。サードパーティCookieからの移行に対するこの慎重なアプローチは、クロスサイトトラッキング識別子やフィンガープリティングのような技術に頼ることなく、ウェブの継続的な発展を保証するものです。」

今回の延期については、CMAを強く意識したもので、CMAとのコミットメントを満たす上で、影響を受けるステークホルダーが十分にテスト、評価し、フィードバックできないと判断した結果ではないかと推察されます。プライバシーサンドボックスに限らず、APIを提供する側は、使う側の開発スケジュールを少なめに見積もる傾向があります。昨年から今年の初頭にかけてFLoCからTopicsへ転換したことも開発スケジュールには影響したことも十分考えられます。日本のヤフー、Adobe、Criteo、IAB Europeなどが今回のブログで延期についてのポジティブなコメントを寄せていますが、CMAに対して、ステークホルダーと十分に協力しながらこの取り組みを推進しているとアピールする目的もあったのだと思われます。

※参考リンク:CMA(イギリス競争・市場庁(CMA))のWebサイト(Googleとのコミットメント等)

The CMA has accepted commitments offered by Google that address the CMA’s competition concerns resulting from investigating Google’s proposals to remove thir...

CMAがこの延期について、どのような反応を示すのかも注目したいと思います。いずれにしても、今回の延期で、いろいろな意味で時間的な余裕が再びできたのは事実です。開発者を含め、トライアルへの参加者もフィードバックもかなり増えていくと思われます。ファーストパーティデータを中心としたデータ基盤の整備や代替技術のトライアルなど、マーケッターがやるべきことは依然多いので、夏休みの宿題のように、直前になって焦らぬよう、この期間をいかに有効に活用するかも重要なポイントかと思います。

本内容はVoicyでも聴くことができますので、ぜひ聴いてみてください。今後も最新情報を放送しますが、アプリでお知らせを受け取れるので、Voicyチャンネルのフォローもぜひお願いします。


著者

Related posts

Top