【ニュース】Meta、FacebookとInstagramでクリエイターが収益化できる方法を大幅に拡大

Meta、FacebookとInstagramでクリエイターが収益化できる方法を大幅に拡大

2022年6月22日に、Metaは、FacebookとInstagramでクリエイターがコンテンツを収益化するためのツールやアップデートを展開すると発表しました。

また同社は、有料オンラインイベント、サブスクリプション、バッジ、Bulletin(ニュースレター)などのツールの手数料を無料にしてきましたが、これを2024年1月1日までさらに1年間延長することにしたことも発表したため、より多くの収益がクリエイターに直接行くことになるとしています。


目次

1. Facebookスターの拡大
2. Facebookリールの拡大(米国在住クリエイター対象)
3. クリエイターマーケットプレイスのテスト開始
4. 相互運用可能なサブスクリプション登録者グループ
5. デジタルコレクティブルの対象クリエイターと国の拡大
6. 今回の発表についてのコメント


※参考リンク(プレスリリース(英語)):

We’re adding several more ways that creators can make money on our platforms as we build for the metaverse.

※参考リンク(マーク・ザッカーバグ氏のFacebook投稿):

Log into Facebook to start sharing and connecting with your friends, family, and people you know.




1. Facebookスターの拡大

ファンがクリエイターを応援するために購入・送付できる仮想チップであるFacebookスターは、Facebookライブ、ビデオオンデマンドのすべての対象クリエイターに開放され、Facebookリールでも近日中に利用可能となる予定です。

以下の条件を満たすクリエイターであれば、ファンからのスターの受け取りを開始することができます。

  • 過去60日間のフォロワー数が1,000人以上であること
  • 以下の市場のいずれかにいること。アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、フィリピン、ポルトガル、スペイン、台湾、タイ、イギリス、アメリカ
  • パートナー・マネタイゼーション・ポリシーおよびコンテンツ・マネタイゼーション・ポリシーへの準拠

Facebookライブやビデオオンデマンドに加え、リール向けスターのテストを拡大し、今後数カ月で数十万人のクリエイターにリール向けスターの利用を呼びかける予定です。

また、クリエイターがスターに参加し、コンテンツの種類ごとにスターの収益を確認し、目標を管理するための新しいモバイルツールも発表しました。


Facebookスター


2. Facebookリールの拡大(米国在住クリエイター対象)

昨年、Facebookはリール動画再生ボーナスプログラムを発表しました。これは、クリエイターが対象となるパブリックリールを作成し、共有することで、Facebookから収入を得る機会を提供するものです。これまで、このプログラムは一部のクリエイターを対象に、招待制で提供されてきました。

近日中に、以下の条件を満たす米国在住のクリエイターを対象に応募受付を開始します。

  • 過去30日以内に5本以上のオリジナルリールを制作している
  • 過去30日間の再生回数が10万回以上
  • パートナー・マネタイゼーション・ポリシーおよびコンテンツ・マネタイゼーション・ポリシーへの準拠

また、InstagramとFacebookの両方で、クリエイターがクロスポストされたリールで収入を得る方法をテストしています。

クリエイターは近々、Facebookリールのブランデッドコンテンツに「Paid Partnerships with」ラベルを使用し、スポンサーが簡単にブランデッドコンテンツ広告に変換できるようになる予定です。


3. クリエイターマーケットプレイスのテスト開始

ブランド企業とクリエイターがより簡単にブランデッドコンテンツのパートナーシップを構築できるクリエイターマーケットプレイスのテストをInstagramで近日中に開始します。

クリエイターは、ブランデッドコンテンツの制作に興味のあるブランド企業やトピックを指定し、審査に合格したブランド企業と提携する機会を見つけ、アプリから離れることなくブランド取引を管理できるようになります。また、アプリ内決済のテストも開始し、プロジェクト完了後、ブランド企業はInstagramを通じてクリエイターに直接ブランデッドコンテンツの対価を支払うことができます。

また、ブランド企業はMeta Business Suiteを通じて、クリエイターとオーディエンスの両方のデモグラフィックやインタレストフィルターを用いて、Instagramのクリエイターを発見し、コラボレーションを行うことができるようになります。提携したいクリエイターが見つかったら、納品物や支払い方法など、案件の詳細を記載したプロジェクトを送信することができます。


クリエイターマーケットプレイス


4. 相互運用可能なサブスクリプション登録者グループ

相互運用可能なサブスクリプション登録者グループにより、クリエイターは、他のプラットフォーム上のファンから支払いを受け、自動的にサブスクリプション登録者専用のFacebookグループに追加することができます。

これにより、クリエイターは、個々の会員を手動でFacebookグループに登録する必要がなくなり、時間を節約できるとともに、忠誠心の高いファンを維持することができます。今月から一部のパートナー企業で初期テストを開始し、今後数カ月でより多くのパートナー企業に拡大する予定です。


相互運用可能なサブスクリプション登録者グループ


5. デジタルコレクティブルの対象クリエイターと国の拡大

Metaは5月に、Web3テクノロジーとNFTを活用したデジタル・コレクティブルをInstagramで投稿・共有できると発表しました。当初は一部のクリエイターのみを対象にしたものでしたが、今回Instagramでのデジタルコレクティブルのテストを、より多くのクリエイターと、さらに少数の国々に拡大しています。後日、米国の一部のクリエイターを対象にFacebookでの展開も開始した後、クリエイターとコレクターはFacebookとInstagramでデジタル・コレクティブルを共有できるようになる予定です。また、SparkARを使ったInstagramストーリーズでのNFTのテストも近日中に開始する予定です。


※参考リンク:

Meta CEOのマーク・ザッカーバーグは5月9日(米国時間)、米国の一部クリエイターやコレクターを対象に、彼らが作成または購入したNFT(非代替性トークン)作品をInstag...


6. 今回の発表についてのコメント

かなり積極的にクリエイター獲得、維持に乗り出してきた印象です。そして、これは言うまでもなく、メタバース向けコンテンツに関わる制作者を増やす布石です。一時的な収益を減らしてでも、クリエイターを確保しようとする意向が読み取れます。

メタバースの成功の鍵とされる相互運用性に、既存プラットフォームも含め乗り出してきたことも興味深い動きです。

収益化できるプラットフォームの選択肢が増えていく中、クリエイター当人たちはどのような選択をしていくのか注目です。


本内容はVoicyでも聴くことができますので、ぜひ聴いてみてください。今後も最新情報を放送しますが、アプリでお知らせを受け取れるので、Voicyチャンネルのフォローもぜひお願いします。


著者

Related posts

Top