【ニュース】Apple、SKAdNetwork 4.0を発表。複数コンバージョンなどに対応

Apple、SKAdNetwork 4.0を発表。複数コンバージョンなどに対応

AppleのSKAdNetworkのドキュメントがアップデートされ、バージョン4.0が公開されました。4つの新機能が追加されています。


目次

1. 今回の発表の内容
2. 今回の発表についてのコメント


※参考リンク:

Find details on attributing ads with SKAdNetwork and Private Click Measurement




1. 今回の発表の内容

①Hierarchical source identifiers(階層的なソース識別子):以前はキャンペーンIDと呼ばれていたこのフィールドにより、広告主はインストールがどのキャンペーンにアトリビュートするかを指定したり、または追加のアトリビューション情報を付加することができます。広告主は、キャンペーンのバリュー、広告のプレースメント、広告のクリエイティブタイプなどの目標に基づいて、この4 digitの値を設定することができます。プライバシーの閾値を満たした場合および一定のインストール数を満たしている場合のみ4 digitの値を使うことができますが、満たしていない場合は2 digitになります。

②Hierarchical conversion values(階層的なコンバージョン値):広告主はキャンペーンで配信されるインストール数に応じて、異なるコンバージョン値を設定することができます。プライバシー閾値を満たさない場合には「粗視化」(低/中/高)されたコンバージョン値が送信されます。プライバシーの閾値が満たされた場合には標準的な6ビットコンバージョン値フォーマットの「細粒度」のコンバージョン値が送信されます。

③Multiple Conversions(複数の種類のコンバージョン):さまざまなコンバージョン値に対して複数のアトリビューションウィンドウ(それぞれ0~2日、3~7日、8~35日)を設定することができます。最大3つのポストバックを受け取ることができます。2つめ、3つめのポストバックはプライバシーの閾値が満たされた場合のみ受け取ることができます。

④SKAdNetwork attributions for web(Web広告向けアトリビューション):SKAdNetworkは、App Storeの商品ページへの誘導を行うWeb広告のアトリビューションに対応する予定です。広告主は、アプリ内広告のほか、Private Click Measurementを利用したWeb広告のアトリビューションが可能になります。


2. 今回の発表についてのコメント

どれもプライバシー閾値を満たすことが前提の機能になりますが、特にHierarchical source identifiersは、分析の自由度が高まる実装だと思われます。今年後半にリリースの予定なので楽しみですね。


本内容はVoicyでも聴くことができますので、ぜひ聴いてみてください。今後も最新情報を放送しますが、アプリでお知らせを受け取れるので、Voicyチャンネルのフォローもぜひお願いします。


著者

Related posts

Top