【ニュース】Googleのレスポンシブディスプレイ広告が縦長になり、より良いモバイル体験を実現

Googleの広告担当ヴァイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのジェリー・ディシュラー氏は、同社ブログにおいて、5月25日(日本時間)に開催されるGoogle Marketing LiveイベントでGoogleの幹部が話す予定のいくつかの進歩について、簡単に説明しました。


目次

1. レスポンシブディスプレイ広告が縦長に
2. 「クリエイティブ・インスピレーション」共有の場を開設
3. 今回の発表についてのコメント


※参考リンク:






1. レスポンシブディスプレイ広告が縦長に

ディシュラー氏は、キャンペーン用の自動化ツールをGoogleの製品ロードマップの「柱」と説明しています。中でもレスポンシブディスプレイ広告(RDA)の改良について、具体的に言及しています。


  • レスポンシブディスプレイ広告(RDA)は、2022年後半に大きな変革を遂げ、クリエイティビティと広告を結びつけ、広告主により良いモバイルサービスを提供する予定。
  • RDAでは、アップロードされたアセット(画像、広告見出し、ロゴ、動画、説明文)を組み合わせて自動的に広告が生成され、ウェブサイト、アプリ、YouTube、Gmailに掲載されるフォーマット。
  • 今回実装されるモバイルファーストの新しいレイアウトは、あらゆる縦長の画像や動画アセットに対応。例えば縦長の動画を持ち合わせていないマーケティング担当者は、Googleの機械学習を活用してRDA用のアセット作成を頼ることができる。自動生成された動画により、マーケティング担当者はフルスクリーンのモバイル広告インベントリーにアクセスすることが可能。
  • 数枚の画像、動画、見出しをアップロードするだけで、視覚的に印象的な広告の組み合わせを自動的に作成、テストし、何百万もの広告配置の可能性に合わせて広告の組み合わせを自動的に作成し、テストすることで、より良い結果を提供する。


Googleレスポンシブディスプレイ広告


Googleのテストによると、静的ディスプレイ広告の広告グループにレスポンシブディスプレイ広告を追加した場合、広告主は平均で2倍のコンバージョンを獲得しているとしています。


Googleレスポンシブディスプレイ広告


さらに一歩進んで、Googleの機械学習が、商品広告の画像の切り抜きなどの最適化を実現。この自動的な改善により、利用可能なスペースに合わせてシームレスに拡大することで、商品を際立たせることができるとしています。これにより、広告主の業務効率化を実現し、ビジネス運営に集中できると説明しています。


ディシュラー氏は、「優れたクリエイティブを展開することは、効果的な広告の方程式の一部に過ぎません。広告の掲載場所を決めることも重要です。この段階での成功には、さまざまな広告タイプのパフォーマンスを測定しながら、世界中の新規および既存の顧客にストーリーをつなげることが必要です。少し前までは、ウェブ上の上位7つのフォーマットに合わせて広告を掲載すれば、大きな成果を上げることができました。現在では、広告の形状やサイズは数千種類に及びます。」と述べています。




2. 「クリエイティブ・インスピレーション」共有の場を開設

もう一つブログで言及があったのが「クリエイティブ・インスピレーション」です。これはクリエイティブアセットにインスピレーションを求めている広告主に向けたもので、ディスカバリー、ディスプレイ、アプリ、YouTubeなどのGoogle広告で最も成功した、世界中の優れたクリエイティブアセットを集め、見ることができるクリエイティブショーケースです。日本のクリエイティブもいくつか掲載されています。今後も追加されていくであろう数多くのクリエイティブから、見たいものを選別するためのフィルタリング機能も実装されています。


※参考リンク:


フィルタリングは、

  • 業種
  • 国・地域
  • 制作年
  • 広告フォーマット
  • 広告チャンネル

で行うことができます。


クリエイティブ・インスピレーション




3. 今回の発表についてのコメント

Googleはこれまでも機械学習を多用し、各種自動化を進めてきましたが、クリエイティブ面は高度な技術も必要とされる中、非常に斬新かつ実用性の高い領域に踏み込んできた印象です。ご自身のアカウントに機能が実装された折には試してみてはどうかと思います。


Google Marketing Liveの開催前プロモーションの一環のスニークプレビューという感じですが、すでに楽しみになってきましたね!Unyoo.jpでは今年も万全の体制で、いち早く記事化し、みなさまにお届けしますので、どうぞお楽しみに。ぜひニュースレター登録をお願いできればと思います(下のボタンからフォームにいけます)。




本内容はVoicyでも聴くことができますので、ぜひ聴いてみてください。今後も最新情報を放送しますが、アプリでお知らせを受け取れるので、Voicyチャンネルのフォローもぜひお願いします。






著者

Related posts

Top