【ニュース】Googleが車両販売広告vehicle adsを発表

Googleが車両販売広告vehicle adsを米国の広告主向けに今月中にリリースすると2022年3月11日(金)に同社ブログ上で発表しました。

※参考リンク:

Introducing vehicle ads, a brand new way to get your car inventory online and drive qualified leads


目次

1. vehicle ads概要
2. vehicle adsのメリット
3. vehicle adsの条件と現時点での対象地域
4. vehicle adsの設定方法
5. 今回の発表のポイント






1. vehicle ads概要

vehicle adsの概要は以下の通りです。

  • vehicle adsは、Googleで自動車を検索している見込み客に対して、広告主企業が在庫のある車両を見せることができる広告フォーマット。
  • 見込み客が、画像にあるように2019 SUVなどのキーワードで検索した場合、GoogleはMerchant Centerにアップロードされた広告主のデータフィードに含まれる詳細を使用して、ユーザーとvehicle adsをマッチングさせる。
  • vehicle adsには、メーカー、モデル、価格、走行距離、広告主名などの情報とともに、車両の画像が表示される。
  • 広告をクリックすると、見込み客は広告主ウェブサイトの車両説明ページに遷移する。そこから、ディーラーへの問い合わせ、リードフォームへの入力など、ディーラー訪問前に追加アクションを促すことができる。
  • vehicle adsにより、顧客の購入体験を豊かにし、広告主にはより質の高いリードを提供することができるとしている。





2. vehicle adsのメリット

Googleはvehicle adsは4つのメリットがあるとしています。

  • リードの質を向上:見込み客がクリックする前に、車に関する重要な情報とビジュアルを表示することで、広告主はより質の高いリードを得ることができる。
  • オムニチャネル目標を達成:オンラインコンバージョン(リード)とオフラインコンバージョン(来店)の双方を最適化。
  • 自動的なターゲティング:vehicle adsは、ユーザーのクエリに対して最も関連性の高いリスティングを自動的に表示。
  • 露出を増やす:vehicle adsは、従来のテキスト広告と並行して配信可能。




3. vehicle adsの条件と現時点での対象地域

vehicle adsの条件は注意が必要です。また同広告は2022年3月11日現在では提供地域は限定的です。

  • vehicle adsは、ディーラーや小売店の新車と中古車の両方の在庫データに対応している。個人販売者や自動車ブローカーは出稿できない。
  • vehicle adsは、自動車やピックアップトラック(オーストラリアではユートを含む)など、非商用乗用車のプロモーションにのみ使用できる。
  • 許可されない車種の例は、娯楽用車両、商用車、農業用車両、バス、2輪車、電車、ボート、飛行機、屋外用多目的車両が挙げられる。 
  • vehicle adsは現時点では米国およびベータ版を提供しているいくつかの国でしか使えない。カナダおよびオーストラリアで本プログラムに興味がある広告主はGoogleの担当者に連絡を、とあるので英語圏であれば対応は可能な模様。




4. vehicle adsの設定方法

vehicle adsを使うにはMerchant Centerアカウントが必要です。

  • 広告主は、車両データフィードをMerchant Centerへアップロードする必要があります。データフィードには、メーカー、モデル、価格、走行距離、色など、車両に関する適切な詳細が含まれている必要があります。
  • vehicle adsを利用するには、Google広告でスマートショッピングキャンペーンを作成する必要があります。また、Google広告アカウントをMerchant CenterアカウントおよびGoogleビジネスプロフィールにリンクさせる必要があります。




5. 今回の発表のポイント

今回の発表のポイントは3つあります。

  1. 自動車ディーラー、販売店は地域の見込み客に訴求する手段が増えたということになります。しかも購入意向が高めと思われる検索ユーザーということもあるので、これは実施しないと地域の競合店に見込み客が流れる可能性があるということになります。
  2. 昨今の半導体不足の影響で、新車を売りたくても在庫があると提示ができない可能性はあります。むしろ、そのために中古車販売は活況な面もあるようなので、vehicle adsにおいても中古車販売でまずは盛り上がるかもしれません。
  3. Googleにとって業種特化型の広告フォーマットは初めてではないですが、今回のブログの発表者となっている方の役職はDirector, Product Management, Retail & Vertical Adsとなっているので、今後も業種特化型広告フォーマットは出てきてもおかしくはないと思われます。


Googleの業種特化型広告が増えるのか、日本を含め米国以外での展開時期が気になるところです。


本内容はVoicyでも聴くことができますので、ぜひ聴いてみてください。今後も最新情報を放送しますが、アプリでお知らせを受け取れるので、Voicyチャンネルのフォローもぜひお願いします。







著者

Related posts

Top