【ニュース】GoogleデータポータルでSearch Consoleのデータを可視化するブログシリーズを開始

GoogleがGoogle Search Central Blog(英語)でSearch Consoleとデータポータルの接続や可視化についてのブログシリーズを開始しました。

※参考リンク:



目次

1. ブログシリーズ開始の背景
2. データの接続方法
3. 手動でSearch Consoleデータをエキスポートし、データポータルへ接続する例
4. 先々のブログシリーズの内容






1. ブログシリーズ開始の背景

Google Search Consoleは、Google検索におけるウェブサイトのパフォーマンスを把握することができる便利なツールですが、その中のデータを理解するのは若干難しい面があります。Search Consoleのデータを使い、自分に合った形のダッシュボードを作ることで、データを理解し、正しい意思決定をするができるよう、Googleがブログシリーズを開始しました。Search Consoleデータをエクスポートし、データを一部改変し、Googleデータポータルに取り込んで適切なビジュアライゼーションを行う、という一連のプロセスが学べる連載記事です。


第一回目の記事では、主にSearch ConsoleデータをGoogleデータポータルに取り込むまでについて説明しています。




2. データの接続方法

データの接続方法は2種類あります。

  1. コネクター接続:コネクター一覧の中にあるSearch Consoleコネクターを選択し、メニューに沿って取得したいレポートを設定します。データポータルのヘルプに詳しいステップが載っているので、迷った際に参照することを推奨しています。
  2. 手動接続:Search Consoleデータで、例えば、国を地域にクラスタリングするなど、一部改変を行った上でデータポータルに取り込みたい場合は、Search Consoleの管理画面からデータをダウンロードするかAPI経由で取得します。その後、GoogleスプレッドシートやBigQueryでデータを操作し、データポータルに接続します。




3. 手動でSearch Consoleデータをエキスポートし、データポータルへ接続する例

今回の記事ではステップ数が多く、データのカスタマイズの柔軟性がある手動での取り込み方法を解説しています。

  1. Search Consoleで検索パフォーマンス レポートを表示します。右上の「エキスポート」で「Googleスプレッドシート」を選択すると、データが展開されます。
  2. スプレッドシートに取り込んだデータの一部を改変する例ですが、ブログではスプレッドシートの「国」ディメンションで切ったレポートの国名を地域に変換し、Googleデータポータルに取り込む例を示しています。これはGoogleスプレッドシートのIMPORTDATA関数を使って、国と地域の対照表をウェブから別のシートに取り込み、レポートデータの「国」列でvlookupをかけて、新しい「場所」列にデータを流し込む、というものです。ただ、この国と地域の対照表が例においては英語表記のもので、日本語のレポート出力に対応していません。簡単ですがSearch Consoleから出力される日本語の国名に対応した地域の一覧をこちらに作りました。シートをコピーの上ご活用いただければと思います(ベストエフォートなので、一部対応が漏れている箇所があった場合はご自身で国名を修正の上ご利用願います)。
  3. 完了したら、コネクター一覧の中にあるGoogleスプレッドシートコネクターでGoogleデータポータルにデータを取り込みます。今回のブログではここまでの内容です。




4. 先々のブログシリーズの内容

本シリーズの次のブログでは、いくつかのダッシュボード例を提示しつつ、作成するためのステップを解説する予定とのことです。


本内容はVoicyでも聴くことができますので、ぜひ聴いてみてください。今後も最新情報を放送しますが、アプリでお知らせを受け取れるので、Voicyチャンネルのフォローもぜひお願いします。







著者

Related posts

Top