【ニュース】Google Ads Scriptがフルバージョンへアップグレード

GoogleがGoogle Ads Developer Blog(英語)でGoogle Ads Scriptがフルバージョンにアップグレードしたことを2022年3月14日に発表しました。

※参考リンク:

Today we’re launching the full version of the new Google Ads scripts experience . The beta has been running since June of last year, and now...


目次

1. Google Ads Scriptアップデートの概要
2. 具体的な機能アップデート部分
3. レガシーバージョンへの対応
4. 今回のアップデートについてのコメント






1. Google Ads Scriptアップデートの概要

以下が発表の概要です。

  • 2022年3月14日に、新しいGoogle Ads Scriptのフルバージョンをリリース。
  • 2021年6月からベータ版を運用してきたが、今回、残存のレガシースクリプトをアップデート。
  • 近日中に、すべてのスクリプトが新しいバージョンにデフォルト設定されるが、必要に応じてスクリプトごとに無効化することは可能。
  • 既存のスクリプトは、2022年9月まで影響を受けない。その後、すべてのスクリプトを新しいバージョンに移行。
  • その前に、手動でスクリプトを更新するなど新しいバージョンに移行して、機能を継続させることをGoogleは推奨。
  • 後方互換性の確保に努めているが、すべてのスクリプトが変更なく動作することを保証するものではないので、時間をかけて自ら確認することを推奨。




2. 具体的な機能アップデート部分

新しいエクスペリエンスにおける主要な変更点は以下の通りです。

  • let、class、for..ofループ、その他を含むES6をサポート。
  • スループットが向上し、同じ時間でより多くのエンティティを処理することが可能。また、処理にかかる時間制限は残すが、エンティティ制限を撤廃。
  • 新しい広告表示オプションをサポート。
  • 入札戦略のサポート強化。
  • マネージャーアカウント(MCCアカウント)スクリプト、一括アップロード、動画キャンペーンの機能が新たに追加。




3. レガシーバージョンへの対応

新しいバージョンの全情報については、更新されたGoogle Ads scriptsサイトの参照を推奨しています。レガシースクリプトのドキュメントは置き換えられますが、どうしても必要な場合は、レガシースクリプトが廃止されるまでこちらで参照可能です。




4. 今回のアップデートについてのコメント

Google Ads ScriptはGoogle Apps Scriptと同様、おなじみのJavaScriptをベースにして、Google広告を含むあらゆるGoogleサービスを制御できる豊富な独自クラスを加えたものになっています。開発環境を設定する必要がないので、すぐにスクリプトを書いて実行できますし、例えばデータを直接Googleスプレッドシートに展開することなどもできるので、さまざまな業務効率化、自動化に活用することができます。端的に言うと、JavaScriptを学んでしまえば、Googleサービスを制覇できる、というのは大げさですが、できることの幅はかなり広がるはずです。興味のある方はまずJavaScriptの基礎を学んでみましょう!


本内容はVoicyでも聴くことができますので、ぜひ聴いてみてください。今後も最新情報を放送しますが、アプリでお知らせを受け取れるので、Voicyチャンネルのフォローもぜひお願いします。







著者

Related posts

Top