【ニュース】「Criteoコンテクスチュアル広告」のベータ版が国内で提供開始

2021年10月21日、Criteoが記者説明会で「Criteoコンテクスチュアル広告」のベータ版を日本での提供を開始したことを発表しました。


クッキーレスという大きな転換期にあるデジタルマーケティング業界ですが、Criteoコンテクスチュアル広告は「マーケターに確かな成果をもたらすデジタル広告の手法を提供する」と表明し、Criteo独自のテクノロジーを使った新ソリューションとして打ち出されています。


※参考リンク:

コマースメディアプラットフォームで世界をリードするグローバルなテクノロジー企業である Criteoは、コンテクスチュアルのシグナルをリアルタイム にファーストパーテ...

Criteo コンテクスチュアル広告は、ファーストパーティのコマースデータをもとに御社の広告のインパクトを最大限に高める場所に広告を配信することで、優れたコンテクス...


目次

  • 日本におけるマーケターのクッキーレスへの対応状況
  • Criteoコンテクスチュアル広告の仕組み
  • コンテクスチュアル広告としての独自性
  • 国内事例





日本におけるマーケターのクッキーレスへの対応状況

Criteoが2021年に日本国内で実施した調査によると、「クッキーレス環境下での有効なマーケティング手法についてテストや検証を開始している」、または「開始する予定がある」と回答したマーケターは 83% で、実際に検討中、または検証を開始する予定がある手法として、32% の回答者がコンテクスチュアル広告をあげています。



Source: Criteo Survey 2021



クッキーレスの環境下において、従来のオーディエンスターゲティングは精度低下が懸念され、コンテクスチュアルターゲティングが再び脚光を浴びています。


オープンWebのプレイヤーがそれぞれの強みを持ってソリューションを提供する中、Criteoコンテクスチュアル広告は自社が持つ膨大なファーストパーティーデータと強力な学習エンジンを使って、良質な新規ユーザーを獲得する新たなソリューションと言えるでしょう。




Criteoコンテクスチュアル広告の仕組み

Criteoコンテクスチュアル広告は、まず最初に広告主のファーストパーティーデータを学習し、既存ユーザーの中で最も直近に購買に至ったユーザーを分析します。


その後、機械学習に基づくCriteoのAIが、多数のパブリッシャーの中からユーザーと最も親和性の高い掲載先として候補のドメイン(URL)と、コンテンツ内容のカテゴリを選出することを可能にしています。





Criteoは多くのネットワークと接続していますが、その中からすべてのパブリッシャーのドメインをコンテンツ内容とユーザーの購買行動のシグナルの解析データからスコアリングし、パーソナライズされた広告を親和性の高いサイトに掲載させることを可能にしています。




コンテクスチュアル広告としての独自性

新ソリューションの特徴として、Criteoは4つのポイントを挙げています。




    技術力 – サイトコンテンツ分析・解析力

    機械学習に基づく AI が、テキスト、コンテンツのセンチメント、画像の内容解析を行うことで、コンテンツターゲティングを実現。







    膨大なメディアネットワーク

    接続するすべてのメディアネットワークを対象に、URL単位で解析を行い、メディアサイトと広告アクションデータを、コマースシグナルとして、紐づけ、活用することが可能。




    リターゲティング配信キャンペーン広告反響に基づくメディア選定

    アカウントレベルでのリターゲティング配信結果を各広告配信枠に紐づけ、他社と比較し、相対的に広告反響が高い(親和性が高い)配信メディアから優先、選定配信。







    ダイナミック・クリエイティブ

    個々のパブリッシャーのURL単位にて、コンテンツ解析結果およびコマースシグナルを基に、バナーのダイナックレコメンデーションを実施。






    国内事例

    日本国内で初の導入事例として紹介された株式会社ユナイテッドアローズが本ソリューションを活用した結果、他社が提供する同様の広告製品と比べ +800% のクリック率、 +300% のコンバージョン率など非常にポジティブな結果が出たようです。


    発表に際して、以下の通りコメントしています。

    デジタル化によってお客様の体験をより豊かにしていくことは、今後ますます重要になってくると考えます。

    クッキーレス環境下においても、お客様に豊かな体験を提供していくにあたり、効果的なデジタルマーケティング について検討していました。その一つの策として、これまでも機械学習の精度の高さに確かな信頼感をもっていた Criteo のコンテクスチュアル広告の導入を決めました。実際に導入して効果を検証したところ、同目的の施 策と比較すると訪問単価はほぼ変わらない一方で CTR が約 800%、CVR は約300%高く、費用対効果の良さを実感しています。


    ─ 株式会社ユナイテッドアローズ DX推進センター デジタルマーケティング部 原康人氏



    良質な新規ユーザーのトラフィックを獲得することも目的としたソリューションに関わらず、コンバージョン率まで向上しているのはCriteoが保有する大量のトランザクションデータの成せる技、といったところでしょうか。


    クッキーレス時代の到来により、大量のユーザーIDを保有するWalled gardenのプレイヤーが代替手段の開発などで優位性を保っている(ように見える)中、オープンWebの代表格とも言えるCriteoのコンテクスチュアル広告は、時代とニーズにマッチするソリューションと言えるでしょう。


    広告主が期待するパフォーマンスをこれまでのように返し続けられるのか、また今後どういった進化を遂げていくのか、引き続き注目していきたいと思います!



著者

Related posts

Top