【ニュース】Yahoo!広告 ディスプレイ広告、キャンペーン単位で最適化に使用するコンバージョン設定を選択可能に

2021年8月18日(水)、ヤフー株式会社は、Yahoo!広告 ディスプレイ広告においてキャンペーン単位で最適化に使用するコンバージョンを選択できる機能と、コンバージョングループを作成する機能の追加を発表しました。キャンペーン単位で最適化したいコンバージョンを選択することで、自動入札のコンバージョン率予測の精度向上が見込まれます。


本機能の提供は2021年9月1日(水)を予定しています。※日程は変更になる場合があります。


※参考リンク:

対象サービス Yahoo!広告 ディスプレイ広告 実施日(予定) 2021年9月1日(水) ※日程は変更になる場合があります。 概要 ディスプレイ広告において、自動入札の最適化...


目次

1.キャンペーン単位で最適化に使用するコンバージョンを選択できる機能
2.コンバージョングループ作成機能
3.「コンバージョン数」の計上方法の注意点






1.キャンペーン単位で最適化に使用するコンバージョンを選択できる機能

今まで最適化に使用するコンバージョンは、アカウント単位で設定したコンバージョン設定(「コンバージョン列に含める」と選択されているものが対象)が反映されていました。


これからは、キャンペーン単位でも最適化に使用するコンバージョン設定またはコンバージョングループを選択できるようになります。




2.コンバージョングループ作成機能

コンバージョングループとは、複数のコンバージョン設定を一つのグループにまとめる機能です。


キャンペーン単位で最適化させたいコンバージョンが複数ある場合、本機能を利用します。


Image:Yahoo!広告 媒体資料(リンククリック後、資料のDLが開始されます)




3.「コンバージョン数」の計上方法の注意点

以下は、キャンペーン単位で最適化に使用するコンバージョン設定を利用する場合の注意点です。

     

  • 従来版のコンバージョン測定タグ(従来の広告管理ツールからダウンロード可能)の場合、本機能は利用できません。現在の広告管理ツールから取得できるコンバージョン測定タグの設定が必要です。
  •  

  • パフォーマンスデータの「コンバージョン数」への計上有無は、コンバージョン設定における「コンバージョン列に含める/含めない」よりも「キャンペーン単位でのコンバージョン設定」が優先されます。コンバージョン設定で「コンバージョン列に含めない」としている場合でも、キャンペーン単位でコンバージョンの選択をしている場合はコンバージョン列に計上され、最適化にも利用されます。成果の前後比較を行う場合には「コンバージョン数(全て)」での比較が必要です。


今まで、最適化させるコンバージョンをキャンペーンによって分けたい場合は、アカウントを分けるという判断も必要でしたが、今回のアップデートにより、アカウントを分ける必要がなくなりました。


コンバージョン数の計上方法に注意しながら、活用していきましょう。





【お知らせ】LINE@では、Unyoo.jp最新記事の公開情報を配信しています。ぜひご登録ください。
友だち追加

著者

Related posts

Top