【連載】広告運用者のためのGoogle データポータル活用講座 第6回:当月以外に過去の予算やKGI、達成率なども表示させる方法

広告運用者がBIツールを導入し、広告パフォーマンスを管理・分析するニーズが高まっている中、Google データポータル(旧:Google データスタジオ、以下、データポータル)は無料で利用できる点もあり、注目を集めています。


本連載では、広告運用者が広告を運用するにあたって便利なデータポータルの機能やダッシュボードを使ったレポートのサンプル、分析方法、ダッシュボード作成の際のコツなどを紹介します。


前回は、当月の予算やKGI、進捗率などをデータポータルに反映する方法について触れました。本記事では、当月のみでなく、先月以前の予算やKGI、達成率などもデータポータルへ反映する方法について紹介します。


※参考リンク:

広告運用者がBIツールを導入し、広告パフォーマンスを管理・分析するニーズが高まっている中、Google データポータル(旧:Google データスタジオ、以下、データポータ...


目次

1. サンプルダッシュボードのご紹介
2. 2種類のデータソースの用意
3. データの統合
4. 計算フィールドの作成
5. 利用時の注意点
6. おわりに




サンプルダッシュボードのご紹介

以下は、今回紹介する仕組みで実現できるサンプルダッシュボードです。デフォルトでは当月を表示する設定となっていますが、先月や先々月を選択すると、該当月の予算やKGI、達成率を表示します。



図内右下のデータポータルを選択することで、遷移します




2種類のデータソースの用意

過去の予算やKGI、達成率なども反映したレポートを作成するためには、まず2種類のデータソースを用意します。


一つ目は広告データです。以下はサンプルです。今回は日別キャンペーン別数値を用意しています。広告グループ別など別の視点でも作成できるため、目的にあったデータソースを用意する必要があります。


広告データ(※クリックで拡大※)


二つ目は、「年月」「昨日の日付/最終日」「経過日数」「残日数」「予算」「目標コンバージョン数」の項目を記載したスプレットシートを用意します。以下はサンプルです。


計算用データ(※クリックで拡大※)


昨日の日付(B2セル)は「=IF(TODAY()-1<A2,"",IF(TODAY()<A3,TODAY()-1,A3-1))」で計算しています。意味合いとしては、「昨日の日付」を基準に「年月(A列)」が、未来の場合は「空白」を返す。当月の場合は「昨日の日付」を返す。過去の場合は「該当月の最終日」を返すという内容になっています。


経過日数(C2セル)は「=IF(TODAY()<B2,"",IF(TODAY()<B3,DAY(TODAY())-1,""))」で計算しています。意味合いとしては、「昨日の日付」を基準に「年月(A列)」が、当月の場合は「経過日数」を返す。それ以外の場合は「空白」を返すという内容になっています。


残日数(D2セル)は「=IF(TODAY()<B2,"",IF(TODAY()<B3,EOMONTH(TODAY(),0)-TODAY()+1,""))」で計算しています。意味合いとしては、「昨日の日付」を基準に「年月(A列)」が、当月の場合は「残日数」を返す。それ以外の場合は「空白」を返すという内容になっています。


今月の「予算」と「目標コンバージョン数」は手入力します。


以下は、計算用スプレットシートのサンプルです。計算式などは、以下を参照してください。

管理表年月,昨日の日付/最終日,経過日数,残日数,予算,目標コンバージョン数2020年12月,2020/12/31,,,¥3,000,000,1002021年1月,2021/01/31,,,¥3,500,000,2002021年2月,2...




データの統合

2種類のデータソースは「昨日の日付」をキーとして結合します。以下はデータの統合イメージです。


※クリックで拡大※


先ほど紹介した計算用データの「昨日の日付/最終日(B列)」の列には、「昨日の日付」を基準に「年月(A列)」が当月の場合は「昨日の日付」が反映されるように関数を組んでいますが、先月以前の場合は、該当月の最終日が反映されるように関数を組んでいます。そのため、データポータルで先月や先々月を選択した際は、「広告データの該当月の最終日」と、「計算用データの該当月の最終日」が、結合キーとして統合されるため、該当月の予算や達成率を自動計算して反映することができます。


データの統合機能については以下を参照してください。


※参考リンク:

広告運用者がBIシステムを導入し、広告パフォーマンスを管理・分析するニーズが高まってきている中、Google データポータル(旧:Google データスタジオ、以下データポ...




計算フィールドの作成

作成した混合データを利用することで、以下項目の追加が可能です。レポートサンプルでは、以下項目をスコアカードとして追加しました。※赤字は計算式


  1. 【予算】AVG(予算)
  2.  

  3. 【目標コンバージョン数】AVG(目標コンバージョン数)
  4.  

  5. 【目標CPA】AVG(予算)/AVG(目標コンバージョン数)
  6.  

  7. 【予算進捗】SUM(コスト)/AVG(予算)
  8.  

  9. 【コンバージョン数進捗】SUM(CV数)/AVG(目標コンバージョン数)
  10.  

  11. 【理想進捗率】AVG(経過日数)/(AVG(経過日数)+AVG(残日数))
  12.  

  13. 【残日数の推奨日予算】(AVG(予算)-SUM(コスト))/AVG(残日数)
  14.  

  15. 【コスト着地見込】SUM(コスト)/AVG(経過日数)*(AVG(残日数)+AVG(経過日数))
  16.  

  17. 【コンバージョン数着地見込】SUM(CV数)/AVG(経過日数)*(AVG(残日数)+AVG(経過日数))




利用時の注意点

以下は、本仕組みで作成するダッシュボードを利用する際の注意点です。


  • 期間設定は1ヶ月単位(今月、先月、先々月など)で表示する必要があります。選択した期間内に、結合キーである「昨日の日付/最終日」が複数存在する場合、それぞれの数値が集計されて反映されるため、誤った数値が反映される可能性があります。
  •  

  • 先月以前の期間を設定した際は、「理想進捗率」「残日数の推奨日予算」「CV数着地見込」は表示されません。
  •  

  • 期間設定内に「昨日の日付」または「該当月の最終日」が含まれない場合、予算など今回追加した項目は表示されません。
  •  




おわりに

今回の計算用データには、「予算」と「目標コンバージョン数」の項目のみを用意していましたが、「目標売上」「目標クリック数」などの項目も追加できます。また、商材ごとに異なるKGIを設けている場合、それぞれのKGIを項目として追加しておくことで、同様に管理することが可能です。


誤った判断や使い方をしないように、どのような仕組みで反映されているかは理解する必要がありますが、本仕組みを上手く活用することで、進捗確認や過去数値との比較がしやすくなります。


次回の連載では、データポータルのレポートを複数人で管理する際のおすすめの方法を紹介します。


【お知らせ】LINE@では、Unyoo.jp最新記事の公開情報を配信しています。ぜひご登録ください。
友だち追加

著者

Related posts

Top