【ニュース】Cookieが利用できない場合でもコンバージョンを計測する『拡張コンバージョン』の概要

Googleは2021年5月28日(金)に開催されたGoogle Marketing Livestream 2021(以下、GML2021)にて、Cookieが利用できない場合でもコンバージョンを計測する新しい方法として、拡張コンバージョンを紹介しました。


本記事では、拡張コンバージョンの機能や設定方法の概要について紹介します。


※参考リンク:

Enhanced conversions is a feature that can improve the accuracy of your conversion measurement. It supplements your existing conversion tags by sending hashe...


以下は、GML2021のキーノートスピーチで発表された機能まとめです。拡張コンバージョン以外にも様々な機能や情報が発表されているので、ぜひご覧ください。


※参考リンク:

「プライバシー保護」と「広告の成果・計測」の両立米国時間 2021年5月27日(木)、GoogleはGoogle 広告、Google アナリティクス、Google Marketing Platform(以下、GMP...


目次

1.拡張コンバージョンとは
2.拡張コンバージョンの設定方法
・CSS セレクタを使用する場合
・JavaScript変数を使用する場合






1. 拡張コンバージョンとは

拡張コンバージョンは、より正確なコンバージョン測定を可能にする機能です。


仕組みとしては、自社のウェブサイトで取得した1st Partyの顧客データ(メールアドレスなど)を、SHA256(業界基準のセキュアな一方向ハッシュ関数)を用いてハッシュ化し、プライバシーに配慮した方法でGoogleに送信します。


その後、ユーザーがログインしていた Googleアカウントとハッシュ化した顧客データを照合して、クリックや視聴などの広告イベントとコンバージョンが関連付けられます。


拡張コンバージョンは、登録、申し込み、購入など、以下のような顧客データが存在するコンバージョンの種類でのみ機能します。

  • メールアドレス(推奨)
  • 氏名と自宅の住所(番地、市区郡、都道府県、および郵便番号)
  • 電話番号(上記のいずれかの補足情報として使用可能)


本機能を利用するには、事前にGoogle 広告の「コンバージョン」設定画面で、「顧客データに関する規約」に同意のうえ、該当のコンバージョンアクションの「拡張コンバージョン」を有効化する必要があります。顧客データの取り扱いに関するポリシーは以下を参照してください。

※「顧客データに関する規約」が表示されない場合は、Googleの担当者に問い合わせが必要です。


※参考リンク:

このポリシーは、拡張コンバージョン、店舗での販売、店舗での販売(直接アップロード)を使用する広告主様に適用されます。




2. 拡張コンバージョンの設定方法

拡張コンバージョンの設定方法には、大きく4つの選択肢があります。


  1. Google タグ マネージャーで、「CSS セレクタ」を使用して設定
  2. Google タグ マネージャーで、「JavaScript変数」を使用して設定
  3. グローバル サイトタグで、「CSS セレクタ」を使用して設定
  4. グローバル サイトタグで、「JavaScript変数」を使用して設定


「Google タグ マネージャー」(以下、GTM)を利用するか、「グローバル サイトタグ」を利用するかは、すでに利用している方法を踏襲する形で良いと思います。


そのため、本記事では「CSS セレクタを使用する場合」と、「JavaScript変数を使用する場合」の違いを中心に概要を解説します。




CSS セレクタを使用する場合

CSS(Cascading Style Sheets)とは、サイトにデザインを施すための言語です。それの対となるものに、HTMLがあります。HTMLとは、サイトの文章の構造を作るための言語です。


CSS セレクタは、CSSによるデザインを、どのHTML要素に適用させるのかを指定するために用いられることが多いです。


HTML上に既に顧客データが反映されている場合、該当するHTML要素を「GTM」または「Google 広告の管理画面(グローバル サイトタググを用いる場合)」で指定することで、必要な顧客データを取得することができます。


例えば、本記事の下部にある「LINE 友だち追加」のCSS セレクタを指定する場合、以下のような記述になります。これを、GTMまたは管理画面の該当箇所に設定することになります。

#post-46554 > div.entry-content > a > img


どのようにCSS セレクタを抽出、設定するかはGoogle 広告 ヘルプに詳細が記載されているため、そちらを参照してください。


※参考リンク:

拡張コンバージョンは、より正確なコンバージョン測定を可能にする機能です。この機能は既存のコンバージョン タグを補完するもので、自社のウ


※参考リンク:

拡張コンバージョンは、より正確なコンバージョン測定を可能にする機能です。この機能は既存のコンバージョン タグを補完するもので、自社のウ




JavaScript変数を使用する場合

JavaScript変数を使用する場合は、事前にJavascriptのグローバル変数として顧客データが定義されている必要があります。


グローバル変数とは、プログラムのあらゆるところからアクセスできる変数のことです。


グローバル変数を用いて反映した顧客データを、GTMではカスタムJavascriptを利用してGoogleに送信します。


グローバル サイトタグの場合は、拡張コンバージョン用のスクリプト内にグローバルJavaScript変数として顧客データを格納する変数名を反映することで、必要な情報をGoogleに送信します。


GTMとグローバル サイト タグでは設定方法が異なったり、設定時の注意事項も多数存在したりするため、詳細はヘルプを参照してください。


※参考リンク:

拡張コンバージョンは、より正確なコンバージョン測定を可能にする機能です。この機能は既存のコンバージョン タグを補完するもので、自社のウ


※参考リンク:

拡張コンバージョンは、より正確なコンバージョン測定を可能にする機能です。この機能は既存のコンバージョン タグを補完するもので、自社のウ




CSS セレクタを使用できる場合、ページのコード変更が不要なため、比較的設定が容易です。しかし、CSS セレクタを使用できない場合や、サイトのコード(特にコンバージョン ページの書式や CSSセレクタ)が頻繁に変わる場合は、JavaScript変数による実装が推奨されています。


Googleの発表によると英国を拠点とする小売業者 ASOSは、拡張コンバージョンを設定した影響で、ブラウザの制限とクロスデバイス動作による測定のギャップを埋めることができ、広告費用対効果(ROAS)が改善され、売上が検索で8.6%、YouTubeで31%増加したとのことです。


※参考リンク:

Get a preview of some of the new privacy-safe measurement solutions we'll be sharing at Google Marketing Livestream on May 27th.


拡張コンバージョンの設定は、必要に応じて開発担当者と協力をして進めていきましょう。





【お知らせ】LINE@では、Unyoo.jp最新記事の公開情報を配信しています。ぜひご登録ください。
友だち追加

著者

Related posts

Top