【月イチ】注目記事Pick Up:2021年2月の月間ハイライト

2021年2月に掲載された記事の中から、アクセス数の多かった人気記事をピックアップ!
連載の第2回やインタビュー記事など充実の内容です。未読の方は要チェック!


目次

・ニュース
・インタビュー
・連載
・コラム






【ニュース】



2021年2月5日、Googleはフレーズ一致と絞り込み部分一致の拡張性を改善し、絞り込み部分一致を段階的に廃止することを発表しました。フレーズ一致と絞り込み部分一致がそれぞれどのように変わるのか、広告運用者がすべきことなどを解説しています。

Googleは2021年2月5日(金)、フレーズ一致と絞り込み部分一致の拡張性を改善し、絞り込み部分一致を段階的に廃止することを発表しました。日本語への適用時期は、2021...





2021年1月27日、GoogleはiOS14以降のポリシーアップデートに対する準備について発表しました。これまでIDFAを利用してトラッキングや広告のターゲティングを行っていたメディアへの影響が大きいため、Googleの対応に注目が集まっています。二つの新しいフレームワーク、AppTrackingTransparencyとSKAdNetworkについて紹介。また、必要な準備や変更点も解説しています。



2021年1月27日(米国時間)、GoogleはiOS14以降のポリシーアップデートに対する準備について発表しました。AppleがiOS14以降に適用するAppTrackingTransparencyフレーム...




【インタビュー】



オンラインにおけるユーザー行動やデジタル領域での独自のインサイトを提供しているSimilarWeb Japan株式会社。2017年に日本市場に本格参入し、グローバルでは3,000社、日本では約300社のユーザーに活用されています。日本オフィス代表の田中さん、クライアントサクセスアナリストの鈴木さんに、広告運用の現場でのSimilarWebの活用例、日本市場での今後の展望などをお聞きしました。


イスラエルに本社を置くSimilarWebは、2017年に日本市場にSimilarWeb Japan 株式会社として本格参入し、オンラインにおけるユーザー行動やデジタル領域での独自のインサ...





デジタルマーケティング初学者でも分かりやすくテクノロジーについて学べる入門書『集中演習 デジタルマーケターのためのテクノロジー入門』が2020年11月に発行。著者である株式会社プリンシプルの山田良太さんに、執筆の背景や内容の理解をより深めるためのポイントなどをお聞きしました。広告運用を始めて1年目くらいの方におすすめしたい、ノンプログラマー向けのテクノロジー解説書です。


2020年11月に、デジタルマーケティング初学者でも分かりやすくテクノロジーについて学べる入門書『集中演習 デジタルマーケターのためのテクノロジー入門』が発売されま...




【連載】



リターゲティングや行動ターゲティング、アトリビューション分析など、企業のデジタルマーケティング活動に欠かせないCookie。しかし、いま業界全体でCookieの利用を制限する動きが出てきています。本連載では目前に迫っているクッキーレス時代の到来に向けて、その全容とマーケターが今から準備できることを明らかにしていきます。
第2回は、クッキーレス時代に向けてGoogleがイニシアチブをとり議論が進められているPrivacy Sandboxのポイントを理解することで、クッキーレス時代をひもといていきます。


ユーザーを識別し、情報を記録・保持することができるCookieは、リターゲティングや行動ターゲティング、アトリビューション分析などに幅広く利用されており、企業のデ...




広告運用者がBIシステムを導入し、広告パフォーマンスを管理・分析するニーズが高まっている中、無料で始められる利点もあり、注目が集まっているGoogleデータポータル。本連載では、広告を運用するにあたって便利なデータポータルの機能や、ダッシュボードを使ったレポートのサンプル、分析方法、ダッシュボード作成のコツなどを紹介します。
第2回は、オークション分析レポートをデータポータルで作成したサンプルを紹介。サンプルの作成方法と作成時のポイント、活用方法などを解説しています。


広告運用者がBIツールを導入し、広告パフォーマンスを管理・分析するニーズが高まってきている中、Google データポータル(旧:Google データスタジオ、以下データポー...




【コラム】



昨今プラットフォームの機械学習が進化してきたことなどから、より加速している運用型広告のインハウス化。Bannerflow社がDigidayと共同で発表したインハウスレポート「The State of In-Housing」をもとに、事業主のインハウス化によってどのような変化が起きたのか、インハウスとの向き合い方、2021年のインハウスの行方などについて考えを述べています。



運用型広告のインハウス化は、昨今のプラットフォームの機械学習が進化してきた事で、より一層、事業主側の考える顧客のコミュニケーションが反映しやすくなり、自社に...




**2021年1月以前の人気記事**

Googleは2021年1月7日(木)、スマート自動入札用にデータ除外という機能の追加を発表しました。本機能を利用することで、コンバージョンタグの設定不備やウェブサイト...

ユーザーを識別し、情報を記録・保持することができるCookieは、リターゲティングや行動ターゲティング、アトリビューション分析などに幅広く利用されており、企業のデ...

広告運用者がBIツールを導入し、広告パフォーマンスを管理・分析するニーズが高まってきている中、Google データポータル(旧:Google データスタジオ、以下データポー...

新年あけましておめでとうございます。旧年中はUnyoo.jpをご愛読いただき誠にありがとうございました。昨年当初、2020年はオリンピック・イヤーで、干支の「庚子(かの...





【お知らせ】LINE@始めました!Unyoo.jpの最新記事を配信中。ぜひご登録ください。
友だち追加

Related posts

Top