【ニュース】Googleデータポータル、IF関数の追加など4つのアップデートを発表

Googleは2021年3月11日(木)、Google データポータル(旧:Google データスタジオ、以下データポータル)に関するアップデートを発表しました。


※参考リンク:

What's new in Data Studio. Request new features or upvote existing feature requests here. Ma


目次

1. IF関数の追加
2. CASE関数の条件式内で数式の利用が可能に
3. 生文字列リテラルで特殊文字のエスケープが容易に
4. YouTube アナリティクス コネクタの指標 [watch time] の提供終了






1. IF関数の追加

IF関数の構文は以下です。


IF(condition, true_result, else_result)


[condition] がtrueであれば [true_result] を返します。それ以外の場合は[else_result] を返します。[condition] はブール値フィールドまたは式を入れます。[true_result] と [else_result] は項目か式を入れます。


例えば検索語句レポートにおいて、コンバージョンの獲得状況に合わせて検索語句を分類する場合などにIF関数は利用できます。以下はコンバージョン数が1件以上なら[CVクエリ]、0件なら[未CVクエリ]として分類するIF関数の例です。


IF(コンバージョン > 0, "CVクエリ","未CVクエリ")


IF関数の中に、パラメータやIF関数やREGEXP_MATCH関数なども含められるため、さらに複合的な条件を設定することもできます。




2. CASE関数の条件式内で数式の利用が可能に

CASE関数の条件式内で数式の利用が可能になりました。今回追加されたIF関数内でも数式の利用ができます。


例えばGoogle 広告とYahoo!広告はコンバージョン数をそのまま表示させつつも、Facebook広告は資料請求CVと入会CVを合算した数値を表示させる場合は、以下のようなCASE関数を設定できます。


CASE
WHEN メディア = "Google 広告" THEN コンバージョン
WHEN メディア = "Yahoo!広告" THEN コンバージョン
WHEN メディア = "Facebook広告" THEN 資料請求CV + 入会CV
END


今まではCASE関数の条件式に数式が利用できなかったため、上記式内の[資料請求CV+入会CV]の箇所は、あらかじめ[資料請求CV+入会CV]を計算する項目を別途作成した上で、CASE関数を組む必要がありました。今後はそのような手間が省けるため、設定がしやすくなります。




3. 生文字列リテラルで特殊文字のエスケープが容易に

「.」(ドット)など正規表現で使用される文字は、他の状況では異なる意味を持つものがあります。


例えば、正規表現では「1.」は次と一致します。※正規表現における「.」は任意の一文字に一致することを指します。

     

  • 11
  •  

  • 1A


「.」を正規表現の特殊文字ではなく文字通り解釈するためには、バックスラッシュ(または¥)を使用してエスケープする必要がありました。以下はエスケープ例です。

     

  • \[(ブラケットをエスケープ)
  •  

  • \{(中括弧をエスケープ)
  •  

  • \.(ドットをエスケープ)


今回のアップデートでRを用いる [生文字列リテラル] が利用できるようになりました。


生文字列リテラルを用いない場合、以下のような記述になっていたところを、


REGEXP_REPLACE(String, "(\\[.*\\])\\+(\\[.*\\])","\\2 \\1")


生文字列リテラルを用いることで以下のような記述になり、記述内容が読み取りやすくなります。


REGEXP_REPLACE(String, R"(\[.*\])\+(\[.*\])",R"\2 \1")




4. YouTube アナリティクス コネクタの指標 [watch time] の提供終了

YouTube アナリティクス コネクタに存在していた[watch time]は以前から非推奨の項目として扱われており、以前から提供終了するという発表がされていました。


今回、[watch time] の提供が終了したため、今後は[Average Watch Time]または[Total Watch Time]を利用することになります。


以前からYouTube アナリティクス コネクタを利用して、データソースに[watch time] が存在している場合、データソースの再接続をしてデータソースのフィールドを更新することを推奨します。再接続方法は以下をご参照ください。


データソースとデータセットのスキーマの同期を維持します。基になるデータセットのフィールドを追加、削除、変更する場合は、データソースを




IF関数は、Excelでも使える関数のため使い慣れている方も多いと思います。また、CASE関数内で計算式が利用できることで、今までひと手間加えていた作業を簡略化することができます。他の人とも共同編集することも考えて、できるだけ読み解きやすく、編集しやすい計算式を使っていきたいですね。





【お知らせ】LINE@では、Unyoo.jp最新記事の公開情報を配信しています。ぜひご登録ください。
友だち追加

著者

Related posts

Top