【ニュース】Yahoo!広告、ディスプレイ広告(運用型)のターゲティング機能のアップデートを発表

2021年2月3日、ヤフー株式会社は、Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)においてターゲティング機能を改善すると発表しました。

  1. 一つの広告グループに複数のリストを設定できるように
  2. リストごとに入札価格調整率を設定できるように
  3. プレイスメントターゲティングにおいて「除外専用リスト」が追加可能に



本アップデートの適用は2021年2月24日を予定しているとのことです。以下で詳細を説明します。


対象サービス Yahoo!広告 ディスプレイ広告 (運用型) 実施日(予定) 2021年2月24日(水) ※日程は変更になる場合があります。 概要 以下のターゲティング機能につい...


目次

  • ターゲットリストを複数設定し、それぞれに入札価格調整率を掛けられるように
  • プレイスメントターゲティングにおいて「除外専用リスト」が追加可能に






ターゲットリストを複数設定し、それぞれに入札価格調整率を掛けられるように


これまでは1広告グループにつき、各ターゲティングのリストを配信と除外でそれぞれ1件ずつのみ設定可能でした。



アップデート以降は1広告グループにつき、各ターゲティングのリストを配信と除外あわせて10件まで設定可能となります。配信と除外あわせてなので、合計が10件を超えないよう注意が必要です。



今回のアップデート対象となるターゲティングは以下の三つです。

  • サーチキーワードターゲティング
  • サイトリターゲティング
  • プレイスメントターゲティング



ユーザーリストを作成するターゲティングが対象となり、ユーザーリストを作成しないオーディエンスカテゴリーやサイトカテゴリーは対象外です。


これまではリストを切り分けたい場合、その分だけ広告グループを作成する必要があり、入稿や管理に手間がかかりました。

1広告グループに複数リストを設定し、それぞれに入札価格調整率を掛けられると、リストの粒度を維持しながら効率的な運用が可能になります。




プレイスメントターゲティングにおいて「除外専用リスト」が追加可能に


これまでもプレイスメントリストを作成し、除外に使用することはできましたが、アカウント単位の「除外専用リスト」が登場することによって、一括での配信除外ができるようになります。

また、一つのプレイスメントリストに登録できるURLは1,000件まででしたが「除外専用リスト」なら一つで10,000件まで登録できるので、除外したいURLが多い場合にも助かります。


登録できるURL数が最大10,000件の「除外専用リスト」の作成ができるようになります。
1アカウントに1リストのみ作成可能で、配信除外のみ設定できます。



管理のために仕方なくリストをまとめていたり、リストごとの入札価格調整のために広告グループを切り分けたりしていた場合、効率的になるアップデートですので、あらかじめリストの作成や入札価格調整率の計算をしておくなど、準備しておきたいですね。




著者

Related posts

Top