【ニュース】TwitterがTwitterクリックIDの導入など複数のアップデートを発表

2021年2月8日、Twitterは公式ブログにて、パフォーマンス広告に関するいくつかのアップデートを発表しました。モバイルアプリインストール目的とウェブサイトクリック目的に関する広告プロダクトについて、何点かアップデートが行われています。


モバイルアプリインストール目的、およびウェブサイトクリック目的、それぞれの広告プロダクトのリビルドが完了しました。


目次

1.主なアップデート内容
2.TwitterクリックIDの仕組みと対応




1.主なアップデート内容

今回の発表で、主にアップデートされた項目は以下です。

・クリエイティブフォーマットの強化
・予測性能と供給する広告枠の改善
・シンプルになったキャンペーンの設定と管理
・効果測定の改善
・TwitterクリックIDの導入とコンバージョン最適化の改善


公式ブログには、アプリカードのフォーマット改善をはじめ、Twitterのタイムラインにおける広告表示ロジックのアップグレードや、広告主がTwitter広告マネージャーをより直感的に使用するためにキャンペーン設定と管理を簡素化したことについて記載されています。また、AppleのApp Tracking Transparency(ATT)に対応する効果測定の改善を実施し、広告主が顧客の生涯価値(LTV)や広告費用対効果(ROAS)を測定するためにアドバンストモバイル測定(AMM)プログラムも拡張したとのことです。


また、TwitterクリックID(twclid)の導入は今回の発表の中でとりわけ大きなアップデートと言えます。Twitterはこれまでもウェブサイト上での広告の効果測定における精度向上に取り組んできましたが、ファーストパーティのクリックIDパラメータを開発してウェブサイトタグ(JavaScript版)を改良したことで、サイト訪問に関する正しい効果計測ソリューションの提供を可能にしています。




2.TwitterクリックIDの仕組みと対応

TwitterクリックIDの仕組みについて、公式ブログは以下のように発表しています。

Twitterでウェブサイト誘導目的の広告をクリックすると、TwitterクリックID独自の識別子が自動的にURLに追加されます。その人がウェブサイトに到達してTwitterのウェブサイトタグが作動すると、タグはこのIDを読み取ってTwitterに送信し、このサイト訪問を広告クリックにひも付けます。テスト結果では、Twitter広告マネージャーが計測できるサイト訪問が10倍に増加 (3)したことがわかっています。


SafariのITP(Intelligent Tracking Prevention)機能によって、各広告プラットフォームはそれぞれ効果計測への対策を実施してきました。Google 広告も「Google クリック ID(GCLID)」によって広告に関連付けられたキャンペーンやクリックの属性を識別し、Google 広告のウェブサイトコンバージョンを高い精度でトラッキングしています。


今回のTwitterクリックIDも広告トラッキング精度を向上することが目的ですが、クリックID「twclid」は広告のリンク先URLにパラメータとして自動付与されます。パラメータが付与されたURLはGoogle アナリティクス上では別のURLとして計測されます。不要なパラメータは、Google アナリティクスの「ビュー設定」でURL クエリ パラメータの除外の実施をお勧めします。


※参考リンク:

ビュー名、タイムゾーン、サイト内検索のパラメータなど各種設定を更新します。ビューを作成したら、その設定を編集できるようになります。ウ


今回は、広告主がTwitter広告の運用をより簡単に、かつパフォーマンスを改善できるような複数のアップデートがありました。特にTwitterクリックIDの導入は公式ブログ内で紹介されたこともあり、各広告プラットフォームが広告トラッキングへの対策を施すなか、Twitter社も広告トラッキングにより一層向き合う姿勢が垣間見えました。TwitterクリックIDは既に実装されているため、効果計測の確認やGoogle アナリティクスへの対応など、できるところから進めていきましょう!

Related posts

Top