【ニュース】Googleのレスポンシブ検索広告で「地域の挿入機能」、「カウントダウン」の利用が可能に

Googleのレスポンシブ検索広告で「地域の挿入機能」、「カウントダウン」の利用が可能に

2020年7月15日、Googleのレスポンシブ検索広告で「地域の挿入機能」、「カウントダウン」の利用が可能になりました。


参考リンク:

July 15, 2020Responsive search ads use machine learning to deliver relevant messages to potential customers. In fact, advertisers who add responsive search a...



目次

・レスポンシブ検索広告の「地域の挿入機能」とは
・レスポンシブ検索広告でカウントダウンが利用可能に
・その他、レスポンシブ検索広告のアップデート






レスポンシブ検索広告の「地域の挿入機能」とは

レスポンシブ検索広告の「地域の挿入機能」とは、レスポンシブ検索広告上でユーザーの所在地や関心のある地域に応じて、広告文に国名、都道府県名、市区町村名を動的に挿入できる機能です。レスポンシブ検索広告では広告カスタマイザを使用することができないため、ユーザーの所在地や関心のある地域に応じて広告文をカスタマイズすることはできませんでしたが、「地域の挿入機能」を利用することでその問題を解決できるようになりました。


「地域の挿入機能」の設定手順

①レスポンシブ検索広告の作成画面から、中かっこ({)を入力し、プルダウンメニューから「地域の挿入」を選択します。


地域挿入機能


②「地域の挿入機能」では、広告文に表示する地域レベルは「国」、「都道府県」、「市区町村」の3段階で選択できます。


地域の挿入機能


ここでの注意点として、選択できる地域レベルはキャンペーンに設定しているターゲット地域と同一の粒度である必要があります。例えば、キャンペーンのターゲット地域を都道府県レベルで設定している場合は「都道府県」を選択します。同一キャンペーンで都道府県レベルと市区町村レベル両方でターゲティングしており、「地域の挿入機能」で「都道府県」を選択した場合、ターゲティングしている市区町村では機能しないのでご注意ください。


参考リンク:

地域の挿入機能を使うと、ユーザーの所在地や関心のある地域に合わせて、レスポンシブ検索広告の広告文をカスタマイズできます。レスポンシブ




レスポンシブ検索広告でカウントダウンが利用可能に

さらに、今回のアップデートによりレスポンシブ検索広告で「カウントダウン」の利用が可能になりました。これにより、レスポンシブ検索広告でも「セール終了まであと○日」といった形でセールや特別なイベントを見込み顧客に対して訴求することができます。

countdown




その他、レスポンシブ検索広告のアップデート

「地域の挿入機能」、「カウントダウン」のほかにも以下2つの機能が追加されました。


1.キャンペーンをまたいだアセットレポート

広告単位のみならず、キャンペーンをまたいだレスポンシブ検索広告の各アセット(広告見出し、説明文)の成果を一目で確認することができるレポートがリリースされました。


こちらのレポートは左側のナビゲーションメニューで [検索キャンペーン] をクリックし、左側のページメニューで[広告と広告表示オプション]、[アセット] と進むと確認できます。


レスポンシブ検索広告-レポート

Image Source:Google 広告 ヘルプ


これにより、どの「広告見出し」、「説明文」のパフォーマンスが良いのか成果を一目で判断でき、改善に対してすばやい対応が可能になります。


参考リンク:

Cross-campaign asset reporting for responsive search ads lets you view asset performance and insights at the campaign level. You’ll be able to see which asse...


2.お勧めトピックの新規追加

Googleがお勧めする新しいトピック「オンラインの在庫状況」「送料、返品」が追加されました。「広告見出し」に追加するテキストについて悩んでいる場合は、これらのトピックに記載されている内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。


また、下記の画像には表示されていませんが、最終ページURLを追加することで、サイトや既存の広告に基づいて調整された「広告見出し」や「説明文」の追加候補提案も見ることができます。


category


Googleの調査によると、スマートフォンユーザーの91%は自身に関連のある広告を見た後に何か購入したり、購入する計画を立てたりしていると述べています。地域名との掛け合わせで検索されるサービス、商品は「地域の挿入機能」を利用することで、ユーザーに対してより関連性のある広告文を作成することができるようになります。その結果、クリック率の改善、そしてクリック数、CV数の増加につながると思いますので、活用してみてはいかがでしょうか。

著者

Related posts

Top