【ニュース】Google、App+Web プロパティに新しい予測機能を追加

2020年7月10日、GoogleはApp+Web プロパティに新しい予測機能を追加したことを発表しました。

Introducing predictive capabilities in the App + Web property in Google Analytics. Use predictive metrics to build audiences you can later reach in Google Ad...


本アップデートでは、取得したデータからアクションを予測する「Predictive metrics(予測指標)」「Predictive audiences(予測オーディエンス)」が導入され、分析画面でデータ分析をすることができます。




二つの予測指標と予測オーディエンス

まず、新しい二つの指標が追加されます。「Purchase probability(購入確率)」は、アプリやサイトで過去28日間のアクティブユーザーが、今後7日間に特定のコンバージョンイベントを記録する確率を予測するものです。「Churn probability(チャーン確率)」は、アプリまたはサイトで過去7日間のアクティブユーザーが、今後7日間でアクティブにならない可能性を予測します。

About predictive metrics Google Analytics automatically enriches your data by bringing Google machine-learning expertise to bear on your dataset to pred...


また、「Predictive metrics(予測指標)」から「Predictive audiences(予測オーディエンス)」を生成することができます。

About predictive audiences A predictive audience is an audience with at least one condition based on a predictive metric. For example, you could build a...


「Purchase probability(購入確率)」から今後7日間に購入する可能性が最も高いユーザーを含オーディエンスを作成し、「Churn probability(チャーン確率)」から今後7日間にサイトまたはアプリにアクセスする可能性が低いユーザーの作成が可能です。



Image Source: Google Marketing Platform OFFICIAL BLOG


従来のGoogleアナリティクスでは「商品をショッピングカートに入れたが購入しなかったユーザー」を購入確率が高いと考えてユーザーリストを作成していたことも多いですが、App+Webプロパティでは過去のデータをもとに購入確率の高いユーザーを予測します。そのため、例えば対象の商品を選んでいないユーザーもリーチの対象となります。また、「今後7日間に購入する可能性が最も高いユーザー」に対してパーソナライズされたメッセージを届けることができます。




その他、予測指標を使って分析することも可能です。例えば、ユーザーのライフタイム分析を行い、購入確率の高いユーザーを獲得するキャンペーンを特定します。



Image Source: Google Marketing Platform OFFICIAL BLOG


Analyze user behavior and value over their lifetime as a customer. New/updated feature. This feature is being released gradually. You may not see have access...




機械学習に関連したアップデートが続く

App+Web プロパティは、誕生から間もなく1歳を迎えます。

Googleは、2019年7月31日(米国時間)、Google Marketing Platform公式ブログにて、アプリとウェブデータの測定を統一したうえでレポート作成と分析を可能にするいくつか...


本アップデートは、App+Web プロパティで取得したイベントヒットのデータをもとに将来を予測する機能でしたが、従来のGoogleアナリティクスにも「セッションの品質」など機械学習を活用したレポートがあります。しかし、従来のGoogleアナリティクスの計測では学習できるデータに制限があるため、活用の幅が狭いのが現実です。


一方、App+Web プロパティは基本的にイベントヒットでデータを取得するため、機械学習に幅広く対応できます。App+Web プロパティ自体がデータを柔軟に計測でき、機械学習に対応していることを理解すれば、今後も機械学習を中心に機能アップデートが続くと予想できます。


これからは、どのようにデータを取得しデザインするかがより求められるようになりそうです。1年前のApp+Webプロパティのローンチから変遷を見る限り、Googleも「データ分析」を超えた「データの自由な活用」へシフトしていると言えます。

著者

Related posts

Top