【コラム】広告運用ビギナーに贈る! Unyoo.jpのおすすめ記事まとめ

春は人事異動や新卒配属で、新しい事にチャレンジする機会が多い季節。この春新たにマーケティング部署に配属された方や、運用型広告の運用に携わることになった方も多いのではないでしょうか。


しかし、何事も最初は不安がつきもの。「きちんと運用できているんだろうか」「今の運用方法がベストなんだろうか」と悩む方も少なくないと思います。また新型コロナウィルス(COVID-19)の蔓延に伴い、企業のマーケティング活動や広告運用者のあり方が変わろうとしている今、今後の自身の価値提供について不安を抱える方もいらっしゃるでしょう。


そこで今回は、そういった不安を抱える広告運用ビギナーに向けて、最適な記事を過去にUnyoo.jpで公開した記事の中からピックアップしました。皆さんの今後のデジタルマーケティングへの活用や、広告運用の参考になれば幸いです。


※現在連載中の記事は、最新記事を紹介しています。

目次

・心構え編
・広告運用編



 


【心構え編】



広告を運用する上で壁にぶち当たった時に読んでほしい記事

広告運用者が何かの壁に当たり立ち止まったときに、このメディアから各媒体の最新機能やインサイト、業界のトップランナーの考え方を知り、その壁を乗り越えてほしい。Unyoo.jpはそういうメディアでありたいと考えています。同記事では、初代編集長である岡田吉弘さんと、現編集長である佐藤がUnyoo.jpを発足させた当初を振り返りながら、今後読者に伝えたい想いについて対談しています。広告運用においても各媒体の思想を理解することが重要なように、Unyoo.jpの思想を理解していただく上で非常に役立つ記事です。二人の考える「運用」を知れば、皆さんの考える「運用」のヒントが見つかるかもしれません。


Unyoo.jpがはじまって5年。このたった5年という期間の中でも、デジタルマーケティングをとりまく世界では急速な変革が進んでおり、プラットフォーム各社は目まぐるしく...


広告運用ビギナーの心構えを学ぶ

Unyoo.jpが主催で開催している運用者のためのイベント「Unyoo.jp Meetup」。同記事では「Unyoo.jp Meetup Vol.10 フレッシュマンに寄り添う」に登壇した和泉晴之さん(2017年までアタラ合同会社在籍・現rinoblige)が、同回を振り返る形で広告運用者になった理由やキャリアパス、広告を運用する上での心構えについてフレッシュマンに語りかけています。業界歴10年以上の和泉さんの考え方は今のビギナーが読んでもためになる点が多いです。


2017年7月14日(金)に開催させて頂いたUnyoo.jp Meetup Vol.10 「フレッシュマンに寄り添う」 の後半セッション「思えば遠くへ来たもんだ」 (業歴10年前後の方々による...


これからの時代を生き抜く広告運用者必読の連載

プラットフォームはめまぐるしく進化し続け、機械学習はどんどん精度を高め、最適化・自動化が進む今、広告運用者が提供できる価値とは一体何でしょうか。同連載ではアタラ合同会社コンサルタントの高瀬優が、自身の考える広告運用者の価値について時代の流れを捉えながら考察しています。現在、第2回まで公開中。


広告運用者の仕事は上流工程のその先へGoogleを筆頭に広告プラットフォームはめまぐるしいアップデートを続け、機械学習を活用した自動入札、広告クリエイティブの最適...




【広告運用編】



プラットフォームの思想を知れば、運用のコツがわかってくる!

現在、広告運用の現場には多数のプラットフォームが存在し、機能も増えるばかりですが、それらの機能のもっと根幹にある「プラットフォームの思想」について考えたことはありますか?同連載では、プラットフォームがどのようにして立ち上がり、それがどうサービスに反映されているのかを深掘りしています。現在第3回まで公開中。


デジタル技術の進化により、年々増え続ける広告プラットフォーム。しかも各媒体でサイレントを含むアップデートが繰り返され、新機能を使いこなすことに手一杯になって...


検索連動型広告を担当するならSearch RPMを理解しよう

今後運用型広告にまつわる様々なサービスを運用していく方にとって、各サービスのビジネスモデルを理解することは必須です。中でも検索連動型広告に携わる場合、Google 広告やYahoo!広告 検索広告の収益モデルを理解する必要があります。同記事で解説しているSearch RPM(検索1000回あたりの売上)への理解を深めることで、例えば新しくリリースされる機能の背景などを推測できるようになり、広告運用の要諦がわかるようになります。より上手に媒体社や広告プロダクトと付き合うために、ぜひ押さえておきましょう。


  RPMという言葉をご存知でしょうか? 私がこの言葉を初めて耳にしたのは、サンフランシスコのLookSmartとうい会社で働いているときで、1990年代後半だ...


広告運用者が押さえておくべきKPIマネジメントとは?

広告運用における重要な要素の一つに、KPIマネジメントがあります。同記事では、どのような考え方に基づいてKPIを設計するべきかをドーモ株式会社の福崎一郎さんにお聞きしています。Domoではアクショナブルな指標を重視しているため、KGI・KPIをマネジメントする際のポイントとしてアクショナブルという考え方にも触れています。


クライアントや会社から提供されたKPIを追いかける事にひたすら終始している人は、意外と多いのではないでしょうか。また、日々の業務に臨む中で、提供されたKPI自体が...


運用者が説得力を持って報告するための報告書づくり

広告運用者は、広告を運用する上で、現状を把握し、分析し、次の打ち手を決める必要があります。同記事では広告運用者がクライアント等に運用の状況を報告する際の最適な報告書の書き方、必要な要素について紹介。同記事で紹介されているフォーマットに沿って報告書を作成すれば、おのずと現状や打ち手が見えてきます。


報告書を構成するパターン検索連動型広告、DSP、あるいは、DMPなどの運用系の広告やプロジェクトで、私が作成する報告書には、ある特定の構造があります。パターンと言...





いかがだったでしょうか。Unyoo.jpでは、他にも広告運用やデジタルマーケティングに関する最新情報やお役立ちコンテンツを多数配信しています。ぜひ皆さんの参考になれば、幸いです。



2019年版ビギナーまとめはこちら

4月。それは新卒配属や人事異動の季節。この春新たにマーケティング部署に配属された方や、広告運用に携わることになった方も多いのではないでしょうか。しかしいきなり...

BI/ダッシュボード担当者向けビギナーまとめはこちら


春は人事異動や新卒配属で、新しい事にチャレンジする機会の多い季節。この春新たにデジタルマーケティング部署に配属された方や、ダッシュボードの構築・運用を任され...




Related posts

Top