【月イチ】注目記事Pick Up:2020年3月の月間ハイライト

3月に掲載された記事の中から、アクセス数の多かった人気記事をピックアップ!
3月は連載記事が充実した月でした。未読の方は要チェック!


目次

・ニュース
・コラム
・連載






【ニュース】


Googleは2020年3月5日、Google広告の「検索アトリビューション」を「アトリビューション」に変更し、アトリビューションレポート画面を刷新したことを発表しました。今回のアップデートにより、レポート画面はよりシンプルになり、かつ確認できる指標が一部変更となっています。本記事では、主な変更点や本機能の今後について説明しています。


目次・よりシンプルなレポート画面に・メニューの統廃合と新概要画面・「検索アトリビューション」から「アトリビューション」へよりシンプルなレポート画面に2020年3月...




Criteoは2020年3月18日、Web広告における検討段階のユーザーを対象とした広告プロダクト、「Web Consideration」を正式にローンチしました。本記事では、本機能の概要とCriteoの脱リターゲティング戦略の展望について説明しています。


2020年3月18日、Criteoが、Web広告における検討段階のユーザーを対象とした広告プロダクト、「Web Consideration」を正式にローンチしました。参考:目次・Web Consider...




ヤフー株式会社は2020年3月4日、Yahoo!ニュースのURLを変更することを発表しました。本記事では、本変更によるプレイスメントターゲティングへの影響について説明しています。


2020年3月4日、ヤフー株式会社は、Yahoo!ニュースのURLを変更することを発表しました。Yahoo!ニュースの記事ページなどに使用されているURL「headlines.yahoo.co.jp」は...




【コラム】


『データビジュアライゼーション玉手箱』は、データをビジュアライズする際の様々なデータソースを取り上げたり、効果的な可視化の手法についてアタラ合同会社CEOの杉原が自身で試行錯誤した結果を共有するシリーズです。第4回となる本記事では、東京都の新型コロナウィルス対策サイトで公開されているオープンデータの取り込み方法やダッシュボードを作成方法について説明しています。



『データビジュアライゼーション玉手箱』は、データビジュアライゼーションについて、さまざまなデータソースを取り上げたり、効果的な可視化・見える化の手法について...





今、ダッシュボードをすでに仕事に取り入れている環境も珍しくなく、それらは身近なものになってきています。しかし、それらのダッシュボードは「次の行動を起こすためのヒント」をもたらしているでしょうか。本記事は、Domo社のデータ戦略担当シニアディレクターであり、データを使った分析やストーリーテリングの先駆者であるBrent Dykes氏が2019年9月に寄稿された記事を基に、ダッシュボードをより活用していくためのヒントをまとめています。


昨今、業務上すでにダッシュボードを利用されている方や、IT業界のニュースやネット記事などから何となくイメージが湧く方は多いのではないでしょうか。本記事は、Domo...




Facebook 2019年第四四半期の決算報告によれば、今期の売上高は210.8億ドル、1株あたりの利益は2.56ドルでした。本記事では、営業利益率や地域別売上高、ユーザー増加の傾向などを説明しています。


目次・売上高210億ドル超えで前年同期比25%増・MAUが25億人に到達目前、DAUも順調に増加・総ユーザー数もおよそ29億人へ増加売上高210億ドル超えで前年同期比25%増2019...




【連載】



アナリティクスに携わる人は多くいますが、それぞれに分析に対する考え方や思いは異なるもの。本連載は、アタラ合同会社コンサルタントの大友が、アナリティクス業界を牽引する著名な方々のもとを訪れ、それぞれの分析に対する考えや、魅力に感じる部分などをお聞きしています。第3回となる本記事では、渋谷泰一郎さん(株式会社ナンバー)にお話を伺っています。


アナリティクスに携わる人は多くいますが、それぞれに分析に対する考え方や思いは異なるもの。同連載は、アタラ合同会社コンサルタントの大友が、アナリティクス業界を...





デジタル広告が総広告費に占める割合はグローバルでみても年々増加しており、このデジタル広告のデファクトスタンダードとなっているのが、広告在庫の自動売買に対応するプログラマティック広告です。本連載では、マーケティング先進国の欧米の事例や、日本国内の最新事例を中心にプログラマティック広告の最前線をお伝えするとともに、最前線の少し先の世界を考察しています。第九回となる今回は、インストリームに特化したビデオSSP兼アドサーバー事業をグローバルで展開するSpotXの原田健さんと張舜さんに、OTTならびにCTVの最前線について伺いました。


本連載の趣旨デジタル広告が総広告費に占める割合はグローバルでみても年々増加しており、このデジタル広告のデファクトスタンダードとなっているのが、広告在庫の自動...





**2020年3月以前の人気記事**

2020年1月29日、ヤフー株式会社は、Yahoo! JAPAN広告掲載基準の一部を変更することを発表しました。本変更は、2020年2月27日より適用が開始されます。変更内容の詳細は...

広告運用などのマーケティング活動を自社で内製化する「インハウス化」。ここ数年、日本においてもインハウスの流れが加速しているという現状がある一方、インハウスを...

デジタル技術の進化により、年々増え続ける広告プラットフォーム。しかも各媒体でサイレントを含むアップデートが繰り返され、新機能を使いこなすことに手一杯になって...

2018年6月、GoogleはDoubleClick Digital MarketingとGoogle アナリティクス 360 スイートを組み合わせて、1つのプラットフォームでさまざまなデータを管理する「Google...





【お知らせ】LINE@始めました!Unyoo.jpの最新記事を配信中。ぜひご登録ください。
友だち追加

Top