【月イチ】注目記事Pick Up:2020年2月の月間ハイライト

2月に掲載された記事の中から、アクセス数の多かった人気記事をピックアップ!
2月は連載記事が充実した月でした。未読の方は要チェック!


目次

・ニュース
・コラム
・対談
・インタビュー






【ニュース】



2020年1月29日、ヤフー株式会社はYahoo! JAPAN広告掲載基準の一部を変更することを発表しました。本変更は2020年2月27日より適用開始されており、ここでは全10章からなる「広告掲載基準」において、変更される箇所について説明しています。

2020年1月29日、ヤフー株式会社は、Yahoo! JAPAN広告掲載基準の一部を変更することを発表しました。本変更は、2020年2月27日より適用が開始されます。変更内容の詳細は...




2020年1月末、Amazonはスポンサーブランド広告のフォーマットに新しく動画を追加しました。本記事では、これまでAmazonで提供されていたVideo in Search Adsとの違いや、見込まれる効果などについて説明しています。

2020年1月末、Amazonはスポンサーブランド広告のフォーマットに新しく動画を追加しました。現在はベータ版として提供されており、米国のみで利用可能です。Image Source...




【コラム】



広告運用などのマーケティング活動を自社で内製化する「インハウス化」。ここ数年インハウスの流れが加速しているという現状がある一方、インハウスをどう捉えるかは、企業によって異なります。同連載では、毎回異なるインハウスカルチャーを持つ企業にアタラの井谷が突撃し、「お宅のインハウスカルチャーとは何ぞや?」をインタビューしています。第4回となる今回は、IT、医療、介護、若年層領域を中心に28のサービスを展開・運営するレバレジーズ株式会社です。レバレジーズ株式会社で、同社の掲げる「インハウス」とは何なのか、執行役員である藤本さんと、マーケティング部部長の松原さんにお話を伺っています。


広告運用などのマーケティング活動を自社で内製化する「インハウス化」。ここ数年、日本においてもインハウスの流れが加速しているという現状がある一方、インハウスを...




米国時間の2020年2月3日、Googleの親会社であるAlphabetが2019年第4四半期と2019年通年の決算情報を発表しました。Alphabetは今回の決算発表で、初めてクラウド事業の売上を開示し、YouTube広告の売上と共に発表しています。本記事では、Youtubeの成長・クラウド事業の成長と立ち位置も含め、事業の動向を説明しています。


2020年2月3日(米国時間)、グーグル(Google)の親会社であるアルファベット(Alphabet)が2019年第4四半期と2019年通年の決算情報を発表しました。※参考リンク:目次...




【対談】



デジタル技術の進化により、年々増え続ける広告プラットフォーム。各媒体でサイレントを含むアップデートが繰り返され、新機能を使いこなすことに手一杯になっている運用者の方も多いのではないでしょうか。普段機能のひとつひとつに目を向けていると気づけない根幹の部分にある「プラットフォームとしての思想」が反映された結果として、機能が生み出されているはずです。そこで同連載では、アタラ合同会社の清水が「どういう想いでプラットフォームが立ち上がり、その思想がサービスにどう反映されているのか」をテーマに連載を進めています。第2回目となる本記事では、CRITEO株式会社にインタビューしています。


デジタル技術の進化により、年々増え続ける広告プラットフォーム。しかも各媒体でサイレントを含むアップデートが繰り返され、新機能を使いこなすことに手一杯になって...




【インタビュー】


2018年6月、Googleは「Google マーケティング プラットフォーム」を発表し、既存プラットフォームを統合させました。これまでデータの活用を推進するプラットフォームとして導入が進んでいたGoogle アナリティクス 360 スイートは、今では計画から測定や最適化までをサポートするGoogle マーケティング プラットフォームの一員として位置づけられ、Google アナリティクスを活用するためには付随するサービスへの理解も必要です。そこで同記事では、『徹底活用 Google アナリティクス』を出版されたNRIネットコム株式会社の神崎健太さん、坂本祐さん、齋藤圭祐さん、山川俊哉さんに、書籍の内容を深堀りするとともに、Google アナリティクスを中心としたGoogle マーケティング プラットフォームの活用について伺っています。

2018年6月、GoogleはDoubleClick Digital MarketingとGoogle アナリティクス 360 スイートを組み合わせて、1つのプラットフォームでさまざまなデータを管理する「Google...





デジタル広告が総広告費に占める割合はグローバルでみても年々増加しており、このデジタル広告のデファクトスタンダードとなっているのが、広告在庫の自動売買に対応するプログラマティック広告です。5Gに代表される通信システムの発達やIoTの普及も相まって、テレビや屋外/交通広告(以下OOH)といったデジタル広告に分類されない媒体においてもプログラマティック化が進んでいます。そこで同連載では、マーケティング先進国の欧米の事例を中心にプログラマティック広告の最前線をお伝えするとともに、日本国内の最新事例についても、キーパーソンとの対談を通し、最前線の少し先の世界を考察しています。第八回となる本記事は、IDソリューションをグローバルで提供するLiveRampのヘッドオブパートナーシップス 今井則幸さんに、Cookieに依存しないIDソリューションの最前線を伺っています。

本連載の趣旨デジタル広告が総広告費に占める割合はグローバルでみても年々増加しており、このデジタル広告のデファクトスタンダードとなっているのが、広告在庫の自動...





**2020年2月以前の人気記事**

広告運用者の仕事は上流工程のその先へ筆者が広告業界に入った2016年、Unyoo.jpの初代編集長であり、現在もアタラのフェローであるLIFT合同会社の岡田吉弘さん(以下岡...

リターゲティング依存が困難な現状Cookieの仕組みを利用して自社Webサイト訪問済ユーザーへ広告を表示する「リターゲティング」の手法は、優れた費用対効果から広く普及...

新年あけましておめでとうございます。東京オリンピックイヤーとなる2020年。どんな年になるのでしょうか?きりの良い数字だし、ちょっと期待が膨らみますよね?まずは...

Googleは2020年1月13日(月)、予算シミュレーションと入札単価シミュレーションに関する機能のアップデートを発表しました。目次1.入札戦略「クリック数の最大化」「コ...





【お知らせ】LINE@始めました!Unyoo.jpの最新記事を配信中。ぜひご登録ください。
友だち追加

Related posts

Top