2019年Googleの主要アップデートまとめ

GDPR(General Data Protection Regulation)の施行から1年が経過し、2020年1月にはCCPA(California Consumer Privacy Act)の施行が控え、 Apple の ITP(Intelligent Tracking Prevention)を筆頭にWebブラウザのプライバシー保護強化も続いた2019年は、Googleに限らずデジタル広告の様々なプレイヤーにとってある種逆風の吹いた年であったといえるのではないでしょうか。


このような状況下で、GoogleはGoogleプロパティならびに機械学習を活用したスマート自動入札関連のアップデートを頻繁に行った印象を受けます。加えて、コマースプラットフォームとして台頭するAmazonやInstagramを意識したショッピング関連のアップデートも数多くあり、2019年も例にもれずアップデートの多い年となりました。


そこで本記事では、2019年のGoogleの広告関連の主要アップデートを以下5カテゴリーに分類したうえでピックアップしました。Unyoo.jpで取り上げたアップデートはもちろんのこと、それ以外についても触れておりますので、2019年の復習ならびに2020年の予測も兼ねてぜひご一読ください。

目次

・検索
・スマート自動入札
・YouTube
・ショッピング
・その他


検索



1月に米国で開催されたSMX Westにて、GoogleはモバイルのYouTube検索結果に検索テキスト広告を表示することを発表しました。2019年12月時点では、デスクトップのYouTube検索結果にも表示されるようになっており、検索パートナーのひとつとしての存在感は日に日に増していくのではないでしょうか。


リンク:

Google says early tests have shown similar performance results for text ads on YouTube and Google Search.



7月には、完全一致に加えて、フレーズ一致と絞り込み部分一致に関しても、登録されたキーワードと同じ意味を持つ検索語句にも広告が配信されるようになるアップデートが発表されました。まずは英語のみの適用となり、他言語については2020年にかけてロールアウト予定です。


リンク:
配信拡大に関する2つのアップデート2019年7月31日(水)、Googleは2つのアップデートを発表しました。・アプリ広告の配信先にDiscover、YouTube検索結果などを追加・フ...



8月には、Google Marketing Live 2019(以下GML 2019)で発表されたギャラリー広告(ベータ版)が世界 11 か国語で利用可能になりました。画像とテキストを併用した広告フォーマットで、画像はカルーセルの様にスワイプすることができ、検索結果の上部に表示されます。アセットは、4~8つの画像、最大70文字のイメージタグライン、3本の見出しを登録することになります。


リンク:
2019 年 8 月 5 日スマートフォン ユーザーの 75% は、スマートフォンの使用中にすぐに情報を得ることを期待しています。1 そのような消費者に対応す

参考:
「モバイル」「マシーンラーニング」「プライバシー」米国時間 2019年5月14日(火)、GoogleはGoogle広告、Googleアナリティクス、Google Marketing Platform(以下GMP)...



9月には、平均掲載順位の提供が終了しました。広告が自然検索結果の右側に表示されていた時代は、自然検索結果の下部には広告が表示されていなかったため、平均掲載順位をおおよその表示位置として把握できましたが、2016年2月より右側広告枠はなくなり、現在のような自然検索結果の上下に広告が表示されるように変更となったため、平均掲載順位をおおよその表示位置として扱うことはより難しくなりました。長く慣れ親しまれてきた指標だけに提供終了に対する反響は大きかったですが、自然な流れといえるでしょう。


リンク:
Googleが平均掲載順位の提供を停止Googleは2019年2月26日(火)に、平均掲載順位の提供を停止することを発表しました。予定では2019年9月に停止するとのことです。※日程...

2019 年 8 月 12 日2 月に発表しましたとおり、平均掲載順位の指標を 2019 年 9 月 30 日の週より Google



10月には、長らくベータ版として提供されてきたレスポンシブ検索広告がフルローンチしました。最大15の広告見出しと4つの説明文を登録でき、広告のコンテンツと見込み顧客の検索語句との関連性が高まるように機械学習を活用して調整された広告(最大3つの広告見出しと2つの説明文)が表示されます。掲載結果列の提供や広告バリエーションの適用も開始となり、以前にもまして一定の透明性とコントロールを担保したうえで機械学習を最大活用できる仕様となりました。


リンク:
2019 年 10 月 22 日レスポンシブ検索広告では、機械学習を使用して、ユーザーにより関連性の高いメッセージを配信できます。本日より



同じく10月には、「アフィニティカテゴリ」ならびに「購買意向の強いオーディエンス向け季節限定イベントのセグメント」がオーディエンスとして設定可能となりました。フォルクスワーゲンは、アフィニティカテゴリを使用することでコンバージョン率を250%向上させることに成功、トヨタは、購買意向の強いオーディエンス向け季節限定イベントのセグメント(購買意向の強いオーディエンス>季節的な買い物)の「ブラック フライデーに買い物」と「クリスマスの買い物」を使用することで、コンバージョン率が67%向上し、コンバージョン単価が34%抑制されたとのことです。


リンク:
2019 年 10 月 14 日透明性に対する Google の取り組み すべての人が、ご自分の広告表示設定を把握し、それを管理できるべきだと Google は考えます。



11月には、組み合わせオーディエンスが利用可能になりました。以下画像の通り、「ユーザーの属性(詳しいユーザー属性)」、「ユーザーの興味や関心、習慣(アフィニティとカスタムアフィニティ)」、「ユーザーが積極的に調べている情報や立てている計画(購買意向強)」、「ユーザーがお客様のビジネスを利用した方法(リマーケティングと類似ユーザー)」を組み合わせてオーディエンスを定義できます。





なお、ユーザーのプライバシー保護の観点で、1,000 人以下となる組み合わせオーディエンスへの広告配信はできない仕様となっているので、組み合わせオーディエンスを作成する際は条件の過度な絞り込みには注意が必要です。2019年12月時点では、検索ならびに動画キャンペーンのみで利用可能となっています。


リンク:
組み合わせオーディエンスは、さまざまな属性を組み合わせてオーディエンスを定義する効果的なターゲット設定です。詳しいユーザー属性やアフ

組み合わせオーディエンスを作成すると、広告主様の商品やサービスに関心を持つ可能性のある多様なオーディエンスを広告のターゲットとするこ



12月には、「説明」(ベータ版)機能が提供開始となりました。クリック数、費用、表示回数の変化要因を説明する機能で、個別単価設定もしくは拡張CPCを適用しており、かつ過去90日間における連続する同じ長さの期間を比較した際にのみ利用できます。また、比較した期間の中で掲載結果に大幅な変化がなかった場合は説明は表示されません。



Image Source:Google広告ヘルプ



今後数カ月で機能を拡張できるよう取り組んでいるとのことですので、対象となる入札戦略や指標の拡大にも期待したいところです。週次や月次の掲載結果分析において非常に有用な機能となるでしょう。


リンク:
2019 年 12 月 5 日キャンペーンを最適化するにあたり重要なことは、掲載結果が変化した原因を把握することです。ただ、指標が変動した原因を分析

説明を読むと、Google 広告アカウントの掲載結果に大きな変化をもたらした要素について明確な情報が得られます。検索キャンペーンや広告グループ


スマート自動入札



6月には、キャンペーン毎に最適化させるコンバージョンを選択できる機能が提供開始となりました。2019年12月時点では、検索、ディスプレイ、動画キャンペーンで利用可能です。これにより、目標が異なるキャンペーンをスマート自動入札を活用して同一アカウント内で管理・運用することが容易になりました。また、「コンバージョンアクショングループ」を設定することで、最適化対象とするコンバージョンアクションを複数選択可能です。


リンク:

目次1. キャンペーン単位のコンバージョン設定が利用可能に2. 複数のコンバージョンアクションの選択も可能3. キャンペーン単位でコンバージョン設定する際の注意点  ①...

この記事では、Google 広告キャンペーンでキャンペーン単位のコンバージョン設定を有効にする方法について説明します。 キャンペーンのコン



8月には、「コンバージョン値の最大化」の提供範囲がショッピングキャンペーンから全検索キャンペーンへと拡大されました。また、検索ならびにディスプレイキャンペーンにおいて、スマート自動入札の「季節性の調整」機能が提供開始されました。これらのアップデートもスマート自動入札の柔軟性を高めるもので、スマート自動入札の利用促進に大きく貢献するでしょう。


リンク:
Google広告の4つのアップデート2019年8月、Googleは4つのアップデートを発表しました。①スマート自動入札のための「季節性の調整」②スマート自動入札「コンバージョン値...



9月には、検索とショッピングキャンペーンにおけるスマート自動入札の最適化対象として来店コンバージョンも選択可能になりました。来店数をKPIに含む場合は「目標コンバージョン単価」もしくは「コンバージョン数の最大化」、収益をKPIとする場合は「目標広告費用対効果(ROAS)」もしくは「コンバージョン値の最大化」を入札戦略として設定します。


リンク:
Googleは2019年9月19日(木)、検索とショッピングキャンペーンにおけるスマート自動入札の最適化対象として来店コンバージョンも選択可能になったことを発表しました。...



来店コンバージョンの活用方法と来店の価値の算出方法については、以下動画で分かりやすく説明されています。





11月には、上位の入札戦略のシグナルの一部をポートフォリオ入札戦略の入札戦略レポートで確認できるようになりました。対象となる入札戦略は「目標コンバージョン単価」ならびに「コンバージョン数の最大化」で、以下画像の通り、入札に大きな影響を与えているキーワードや位置情報、端末の種類等を確認することが可能です。


Image Source:Google広告ヘルプ



リンク:
2019 年 11 月 21 日スマート自動入札により、時間を節約しながらパフォーマンスを向上させることができます。パフォーマンスを向上させる要素


YouTube



1月には、15秒スキップ不可のYouTube動画広告がオークション型で購入可能になりました。以前は、固定インプレッション単価(CPM)ベースでの購入で、かつ最低利用額が設定される予約型の標準インストリームのみで購入可能でしたが、本アップデートによりGoogle広告やDisplay & Video 360で15秒スキップ不可のフォーマットが購入可能となっています。


リンク:

15秒スキップ不可の動画広告がオークション型へ拡大2019年1月22日、Googleは15秒スキップ不可のYouTube動画広告をオークション型で購入可能にすることを発表しました。...



2月には、TrueView アクションキャンペーンでコンバージョン数の最大化の入札戦略が利用可能になりました。TrueView アクションキャンペーンでは、 過去7日間で1日あたり5件以上のコンバージョンを獲得し、かつ1日のコンバージョン単価の変動が20%以内に収まることを目標コンバージョン単価を設定する推奨条件としていますので、まずはコンバージョン数の最大化を利用してコンバージョン件数を増やし、コンバージョン単価の変動を見ながら必要に応じて目標コンバージョン単価に切り替えるという運用手法が可能となります。


リンク:
「コンバージョン数の最大化」が利用可能にGoogleは2019年2月5日(火)にTrueView アクションで、「コンバージョン数の最大化」の入札戦略が利用可能になったことを発表し...

TrueView アクションを使用すると、コンバージョンに至る可能性の高いユーザーの購入意向を引き出す動画広告を作成できます。TrueView アクション キ



5月のGML 2019では、バンパー広告を自動作成するツール「Bumper Machine」が発表されました。機械学習を活用して90秒以下のYouTube動画から3~4つの異なるバンパー広告を作成するツールで、筆者は製品デモコーナーで Bumper Machine のデモを見てきましたが、ほんの数十秒でそれぞれ異なるパターンのバンパー広告が4つ作成されていました。2020年の早い段階でのフルローンチに期待したいところです。


リンク:
「モバイル」「マシーンラーニング」「プライバシー」米国時間 2019年5月14日(火)、GoogleはGoogle広告、Googleアナリティクス、Google Marketing Platform(以下GMP)...

キーノートだけではないGoogle Marketing Live 2019Google広告、Googleアナリティクス、Google Marketing Platform などの広告関連プロダクトに関するアップデートや、...



7月には、TrueView アクションキャンペーンの配信先をGoogle動画パートナー(ディスプレイネットワークの動画パートナー)へ拡大することを発表しました。英文校正ツールを提供するGrammarlyは、TrueViewアクションキャンペーンの配信先としてGoogle動画パートナーを追加したことにより、以前と比較して8%低いCPAでツールのインストール数を20%増加させることに成功したとのことです。すでにYouTube動画で実績のあった同カテゴリの製品を積極的に調べているユーザーにYouTube外でリーチできたことが功を奏したのでしょう。


同じく7月には、マストヘッド広告におけるインプレッション単価制の正式ローンチが発表されました。マストヘッド広告はYouTubeのホーム画面最上部に掲載される予約型の動画広告で、一国につき一社の広告主が、固定の一日の費用(cost-per-day (CPD))でのみ購入することが可能でしたが、2019年2月から開始されたインプレッション単価制の試験導入(ベータ版)の成功を受け、正式ローンチとなりました。


リンク:
動画広告に関する2つのアップデートGoogleは、2019年7月22日と7月23日に動画広告に関する以下2つのアップデートをそれぞれ発表しました。1. TrueViewアクションキャンペ...



9月には、マストヘッド広告のテレビ画面配信をグローバルで試験導入(ベータ版)することが発表されました。2019年7月のアップデートにより、固定の一日の費用(cost-per-day (CPD))に加えて、広告のターゲット設定を活用できるインプレッション単価制(CPM)での購入が可能となりましたが、本アップデートで対象デバイスとしてテレビ画面が追加されたかたちとなります。試験導入の成功を受けて、11月に本機能はフルローンチとなっています。


リンク:
マストヘッド広告がテレビ画面へ進出2019年9月18日、GoogleはYouTubeマストヘッド広告のテレビ画面配信をグローバルで試験導入(ベータ版)することを発表しました。リ...

2019 年 11 月 21 日私たちは今年 9 月、Advertising Week New York に先立ち、テレビ画面向けの YouTube マストヘッ



11月には、バンパー広告にCTA(Call-to-Action)表示オプション、TrueViewアクションキャンペーンにサイトリンク表示オプションを追加していくことが発表されました。いずれも動画視聴によるユーザー行動を促す機能で、動画広告をフルファネルで活用するケースは今後増えていくでしょう。


リンク:
Googleは2019年11月5日、バンパー広告にCTA(Call-to-Action)表示オプション、TrueViewアクションキャンペーンにサイトリンク表示オプションを追加していくことを発表...



12月には、リーチプランナーにNielsenのテレビデータを追加することが発表されました。これにより、マーケターはテレビも含めたプランニングをリーチプランナー上でできるようになります。本機能は、リーチプランナーを利用している米国のすべてのユーザーで利用可能となり、2020年には米国以外の国でも利用可能になる予定とのことです。リーチを目的としたキャンペーンにおいて、YouTubeファーストの時代の到来を感じさせる象徴的なアップデートでした。


リンク:
目次・YouTubeとテレビを横断したプランニングが可能に・デジタルシフトによりGRPは31%減少・テレビを上回るリーチ規模を実現YouTubeとテレビを横断したプランニングが...


ショッピング



3月には、Google画像検索に表示されるショッピング画像広告の提供範囲拡大が発表されました。加えて、ショーケース広告の配信先にGoogle画像検索結果を追加することも発表され、画像検索をしているユーザーに対するアプローチが強化されました。ショーケース広告は2019年12月時点でも日本未対応となっており、今後の日本での提供開始に期待したいところです。


リンク:

ショッピング広告に関する2つのアップデートGoogleは2019年3月5日(火)に以下の2点を発表しました。・ショッピング画像広告の提供範囲を拡大・ショーケース広告の配信...



5月のGML 2019では、Google画像検索に加えて、Discover(Googleのモバイルアプリならびにモバイルブラウザからgoogle.comにアクセスした場合に表示)がショーケース広告の配信面として追加されました。Discoverはユーザーの過去のアクティビティに基づいておすすめコンテンツを表示する機能を持っており、GML 2019でもユーザーが検索行動を起こす前に次のアクションを促すことができると強調されていました。


同じく5月のGML 2019では、ローカルキャンペーンにおけるGoogle Maps 内での広告在庫拡大も発表されました。ユーザーがGoogle Maps で経路を調べると経路付近の店舗がピンで強調され、そのピンをタップすると画面下部に広告を表示するタイプと、現在地付近を検索する際に画面上部に広告表示するタイプが発表されています。


リンク:
キーノートだけではないGoogle Marketing Live 2019Google広告、Googleアナリティクス、Google Marketing Platform などの広告関連プロダクトに関するアップデートや、...



11月には、ショッピング広告の配信面をYouTubeホーム画面とYouTube検索結果画面へ拡大することが発表されました。ショッピングキャンペーンのターゲティング設定で、対象ネットワークとして「ディスプレイネットワーク上のYouTubeやDiscover」を選択している場合、YouTubeホーム画面とYouTube検索結果画面へもショッピング広告が配信されるようになります。


リンク:
目次・ショッピング広告の配信面が拡大・いま検索していないYouTubeユーザーへアプローチショッピング広告の配信面が拡大2019年11月5日、Googleはショッピング広告の配...



同じく11月には、「自動フィード」の機能が提供開始されました。対象のウェブサイトをクロールすることにより構造化データやサイトマップの情報を読み取り、ウェブサイトから関連商品に関する最新情報を抽出したうえでフィードを自動作成するというものです。ショッピング広告を開始するうえで、フィードの作成は広告主にとってひとつのハードルになるかと思いますが、ウェブサイトに構造化データのマークアップが正しく実装されている場合は、ショッピング広告を容易に開始することができるようになるでしょう。


リンク:
自動フィードを使用すると、Google に商品データを簡単に送信します。これにより、Google のさまざまなタッチポイントで商品情報を見つけてもらった


その他



4月には、ポリシーマネージャが提供開始されました。「ツール」テーブルの「設定」配下からアクセスでき、ポリシー違反となった項目毎に該当する広告ならびに広告表示オプションの数が一目でわかるようになっています。併せて、不承認もしくは承認済み(制限付き)の理由説明機能の拡大、管理画面上での再審査リクエスト、リアルタイムでのポリシー違反検知等、広告主のポリシー準拠を支援するアップデートとなっています。


リンク:

広告主のポリシー準拠を支援2019年3月14日、Google広告へのポリシーマネージャ導入を含む、広告主のポリシー準拠を支援する以下4つのアップデートが発表されました。1. ...



5月のGML 2019では、新しいキャンペーンタイプとしてファインドキャンペーン(ベータ版)が発表されました。YouTubeのホームフィード、Gmailのプロモーションタブとソーシャルタブ、Discoverにひとつのキャンペーンで広告配信でき、Googleプロパティを最大限活用した広告商品といえるでしょう。こちらも2020年の早い段階でのフルローンチに期待したいところです。


リンク:
「モバイル」「マシーンラーニング」「プライバシー」米国時間 2019年5月14日(火)、GoogleはGoogle広告、Googleアナリティクス、Google Marketing Platform(以下GMP)...

重要 ファインド キャンペーンの広告はベータ版のため、機能が随時追加されます。広告の掲載結果とステータスを定期的にご確認ください。



6月には、クリエイティブリソースに特化したプラットフォーム「Create with Google」が発表されました。プロダクト毎のクリエイティブ概要やTips、クリエイティブの最新事例や制作をサポートするツールにアクセスすることが可能で、「Googleトレンド」、「Think with Google」、「YouTube Studio」といったGoogleツール群のひとつとなります。


リンク:
クリエイティブリソースに特化したプラットフォーム2019年6月19日、Googleはクリエイティブリソースに特化したプラットフォーム「Create with Google」を発表しました。...

Create with Google は、Google Creative Canvas でどのようなことができるのかを、クリエイティブのアイデアを実現するツールやヒントとともにご紹介します。



7月には、アプリキャンペーンの広告配信面として、Discover、YouTube検索結果画面上部、ディスプレイネットワークでのインストリーム動画広告枠を追加することが発表されました。Discoverに関しては、2019年12月時点で、英語版のAndroidスマートフォンでのみ対応とのことです。本アップデートでも、Discover、YouTubeといったGoogleプロパティの広告在庫が強化されています。


リンク:
配信拡大に関する2つのアップデート2019年7月31日(水)、Googleは2つのアップデートを発表しました。・アプリ広告の配信先にDiscover、YouTube検索結果などを追加・フ...



以上、2019年のGoogleの広告関連の主要アップデートまとめでした。GML 2019で発表された新機能のフルローンチはもちろんのこと、ユーザー、広告主、パブリッシャーの三方よしとするアップデートに2020年も期待したいですね!

著者

Related posts

Top