【月イチ】注目記事Pick Up:2019年9月の月間ハイライト

9月に掲載された記事の中から、アクセス数の多かった人気記事をピックアップ!
9月は各媒体のアップデート情報が充実した月でした。未読の方は要チェック!


目次

・ニュース
・連載
・著者インタビュー






【ニュース】

Googleは8月、スマート自動入札のための「季節性の調整」や「コンバージョン値の最大化」の提供範囲拡大、配信方法「集中化」の一部提供終了、平均掲載順位提供終了日など、4つのアップデートを発表しました。同記事ではアップデート情報の詳細を紹介しています。


Google広告の4つのアップデート2019年8月、Googleは4つのアップデートを発表しました。①スマート自動入札のための「季節性の調整」②スマート自動入札「コンバージョン値...


Amazonは米国時間の9月12日、Sponsored Display(スポンサーディスプレイ広告)をベータ版で提供開始したことを発表しました。同記事ではこの広告の大きな特徴や注意点、そして今後の動向について紹介しています。


Sponsored Displayの登場2019年9月12日(米国時間)、Amazonは「Sponsored Display(スポンサーディスプレイ広告)」をベータ版で提供開始したことを発表しました。Amaz...




【連載】

本連載では、マーケティング先進国の欧米の事例を中心にプログラマティック広告の最前線をお伝えするとともに、最前線の少し先の世界を考察しています。連載第五回となる同記事では、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2019 TOKYO」に参加して弊社コンサルタントの高瀬が、本カンファレンスの内容からデータエコシステムの最前線をお伝えしています。


本連載の趣旨デジタル広告が総広告費に占める割合はグローバルでみても年々増加しており、このデジタル広告のデファクトスタンダードとなっているのが、広告在庫の自動...




【著者インタビュー】

同記事は、アドビシステムズ株式会社においてMarketo Engageの戦略コンサルティング業務に従事されている丸井達郎さんに、著書である『「数字指向」のマーケティング データに踊らされないための数字の読み方・使い方』の概要と、デジタル化が加速したことでマーケターや運用者に求められるようになった数字感覚や、マーケターは今後どのような力を身につけておくべきかをお伺いしています。


マーケターは日々様々な施策を実施し、色々な指標を追いかける必要があります。デジタル化が進む中で、チャネルは増え続け、見るべき指標も多様化する一方。あの手この...






**2019年8月以前の人気記事**

Googleは、2019年7月31日(米国時間)、Google Marketing Platform公式ブログにて、アプリとウェブデータの測定を統一したうえでレポート作成と分析を可能にするいくつか...

本連載の趣旨デジタル広告が総広告費に占める割合はグローバルでみても年々増加しており、このデジタル広告のデファクトスタンダードとなっているのが、広告在庫の自動...

Amazon広告は引き続き強く成長しており、米国での広告収入は2019年に53%増加し113億3000万ドルとなる見込みで、これは米国でのデジタル広告支出全体の8.8%に相当しま...

広告運用者とレポーティング広告運用者と広告レポーティング業務。それは切っても切れない関係です。読者の皆さんは、日々どのようにレポーティングを行っていますか?...





【お知らせ】LINE@始めました!Unyoo.jpの最新記事を配信中。ぜひご登録ください。
友だち追加

Related posts

Top