【ニュース】Google、検索広告 360にオークションごとの自動入札機能を適用

Google広告のオークションごとの入札が検索広告 360で適用可能に

2019年9月18日(米国時間)、Googleは公式ブログにて、Google広告における「オークションごとの自動入札機能」が検索広告 360の入札戦略に適用されることを発表しました。


リンク:


現在Google広告には自動入札戦略の1つに、機械学習を使用して様々なシグナルを考慮して個々のオークションで入札を設定する「スマート自動入札」がありますが、オークションごとの自動入札機能を検索広告 360で活用することで、クロスチャネルの入札戦略を維持しながらGoogle検索における入札時のパフォーマンス向上が期待できます。




検索広告360と「オークションごとの入札」の組み合わせ

Google広告の「スマート自動入札」では、使用されるコンテキストシグナルを理解したうえで、それがビジネスに適しているか判断する必要があります。自動入札で使用されるシグナルの種類も年々増えてきています。


リンク:

スマート自動入札は自動入札戦略の一部で、機械学習を使用して個々のオークションのコンバージョン数やコンバージョン値の最適化を行います。


検索広告 360では、GoogleマーケティングプラットフォームのコンバージョントラッキングシステムであるFloodlight変数でコンバージョンデータのカスタマイズができるため、個々のコンバージョンに重み付けをしたデータとオークションごとの入札の掛け合わせも可能となります。Floodlightで「新規・既存」や「売上金額」などの変数によるコンバージョンの重み付けをしながら、オークションごとの自動入札も適用されると、よりビジネスの目的に応じた入札戦略を立てられるのではないでしょうか。


リンク:

Floodlight とは、Google マーケティング プラットフォームのコンバージョン トラッキング システムです。他のコンバージョン トラッキング システムと




検索広告 360における「オークションごとの入札」は、Google検索キャンペーンで、チェックボックスを選択することで利用できます。(ショッピングキャンペーンはβ版)



今後は検索広告 360の特徴であるクロスチャネルの入札戦略の活用やFloodlightによるコンバージョンデータのカスタマイズに加えて、Googleのスマート自動入札が適用されるようになり、これまでより入札時におけるパフォーマンスの向上が期待できます。

著者

Related posts

Top