【ニュース】Googleが電話専用広告のテキストを拡張するなどのアップデートを発表

電話専用広告のアップデート

Googleは2019年2月25日(月)に、電話専用広告のアップデートを発表しました。今後数週間のうちに管理画面に反映されます。


February 25, 2019People often prefer to talk to a business before buying a product or service. Call-only ads allow people to call you from mobile search resu...


アップデートの詳細

今回のアップデートで変更になるのは、以下の3点です。
・広告見出し1と2の追加(半角30文字まで)
・説明文1と2の上限文字数を半角80文字から90文字に変更
・会社名の表示位置を「見出し」から「説明文の冒頭」に変更



広告見出しの追加や説明文の上限文字数が引き上げられることにより、自社サービスについて、より詳しく説明することが可能となります。


会社名の表示位置が説明文の冒頭になることで、見出しに行動を促すテキストやサービス詳細を記載できます。


電話を促進する広告は、電話専用広告以外に電話番号表示オプションがあります。モバイルサイトを持っている場合、まず電話番号表示オプションを設定することをGoogleは推奨しています。


電話問い合わせの価値がはっきりしていないものの、適切なモバイルサイトを持っている場合は、まず電話番号表示オプションを設定してください。電話問い合わせの価値がクリックよりも大幅に高いことが判明した場合は、電話専用広告をテストし、こうした変更の影響を測定します。


またサイトのモバイル対応が十分でない場合は、電話専用広告を利用した方がよい可能性があると言及しています。


ウェブサイトのモバイル対応がまだ万全でない場合は、ランディングページに誘導するよりも、電話専用キャンペーンを使ったほうが効果的な可能性があります。


このガイドでは、広告主様への電話問い合わせを促進するタイプの広告(電話専用広告、電話番号表示オプション)のさまざまな運用と最適化方法


電話専用広告を設定する際は、既存の広告テキストを参考にするだけでなく、ユーザーが電話を掛けようと思える情報やメリットが記載できているか再考したうえで使っていきたいですね。





【お知らせ】LINE@始めました!Unyoo.jpの最新記事を配信中。ぜひご登録ください。
友だち追加

著者

Related posts

Top