【ニュース】Googleディスプレイネットワークでコンバージョン単価制が利用可能に

コンバージョン単価制の利用対象が拡大

Googleは、2018年12月13日(木)にディスプレイ広告でも「コンバージョンに対するお支払い」が利用可能になった事を発表致しました。 


「コンバージョンに対するお支払い」とは、クリックが発生したタイミングで費用が発生するクリック単価制とは異なり、コンバージョンが発生したタイミングで費用が発生するコンバージョン単価制となります。


例えば、目標コンバージョン単価を1,000円に設定し、1 か月間にコンバージョンが10件発生した場合、請求額は10,000円になります。その際、コンバージョンにつながったクリックやインプレッションに対しては、料金は発生しません。


December 13, 2018Starting today, you can choose to pay for conversions, rather than clicks, when using Display campaigns. Paying for conversions means you on...

コンバージョン単価制の仕様と利用条件

コンバージョン単価制の利用条件は、下記となります。


利用資格は API などのさまざまな要因によって決まり、毎日変わるため、上記の問題に対応してアカウントに変更を加えても、利用資格が得られるとは限らないとの事です。


コンバージョン単価制の仕様は、下記となります。

  • コンバージョンが発生した場合のみ費用発生。コンバージョンに繋がったクリックやインプレッションに対しては、費用は発生しない。
  • コンバージョン単価制では、「オフラインコンバージョン」、「SalesforceからGoogle 広告へインポートしたコンバージョン)」「デバイスをまたいだコンバージョン」は最適化されない。
  • 共有予算は利用不可。
  • コンバージョン単価制を選択したキャンペーンや広告グループでは、200 米ドル(もしくは現地通貨での相当額)未満で目標コンバージョン単価が設定可能。コンバージョン単価を 200 米ドル以上に設定すると、警告メッセージが表示され、設定よりも高いコンバージョン単価で請求されます。過大請求を避けるには、キャンペーンや広告グループの目標コンバージョン単価を 200 米ドル未満で設定するか、クリック単価制に切り替える必要があります。
  • 1 日のコンバージョン数はクリック数よりも大きく変動するため、コンバージョン単価制では、柔軟性の高い予算管理ルールが使われており、1 日の費用が 1 日の予算の 2 倍を超えることがあります。これにより、スマート自動入札でキャンペーン全体の適切な最適化を行う余地が生まれます。ただし、1 か月間で、1 日の予算に 1 か月の日数(30.4)を掛けた額を超える費用が発生することはありません。また、月の途中で 1 日の予算を変更した場合でも、その月の 1 日の予算の最高額に 30.4 を掛けた額を超える請求が発生することはありません。※月の途中で予算を変更した場合などの詳細は、こちらをご参照ください。

コンバージョン単価制の設定方法

コンバージョン単価制は、キャンペーン単位にて設定が可能です。「設定」>「単価設定」の部分にて下図のように設定いたします。利用条件を達成している場合、推奨コンバージョン単価も表示されるため、設定する際の基準にする事が可能です。


今までコンバージョン単価制は、スマートディスプレイキャンペーンと、TrueViewアクションキャンペーンでのみ利用可能となっておりました。今回、ディスプレイ広告で利用できるように範囲が広がりました。レスポンシブディスプレイ広告や、カスタムインテントオーディエンスへの移行など、自動化の勢いが止まりません!

著者

Related posts

Top