【ニュース】Google動画広告にてcall-to-action extensionが新登場

新たにcall-to-action extensionが利用可能に

Googleは、2019年1月にYouTubeにおけるcall-to-action オーバーレイの提供を終了し、新たにcall-to-action extensionを提供する事を、2018年12月11日(火)に発表致しました。

December 11, 2018Making videos interactive with features like end screens and a call-to-action helps viewers learn about your brand or service and take relev...

Image Source: Google広告ヘルプ

上図は、現在Googleが公表しているインストリーム広告におけるcall-to-action extensionのイメージになるのですが、TrueViewアクションキャンペーンで設定できるcall-to-action オーバーレイと同様の内容に見えます。

今までcall-to-action オーバーレイは、TrueViewアクションキャンペーンを利用する際に設定するが可能でした。今回の発表によると、call-to-action extensionが利用可能になる広告フォーマットは、まずはインストリーム広告で、その後バンパー広告、ディスカバリー広告と続くようです。

Googleは、コンバージョンやクリックを目的とした場合は、TrueViewアクションキャンペーンを利用する事を推奨しておりますが、認知拡大などを目的(コンバージョンやクリックではない)とする場合は、call-to-action extensionが利用できるようになると言っており、インストリーム広告、バンパー広告、ディスカバリー広告において、call-to-action extensionがどのように影響するのかリリースを楽しみにしたいと思います。

著者

Related posts

Top