2018年Amazon スポンサー広告の現状とアップデートまとめ

第三の広告プラットフォーム、Amazon


デジタル広告業界で大きな存在感を示してきたAmazon。もはやECに携わるマーケターにとって見逃せないプラットフォームとなっています。

eMarketerは「AmazonはUSにおいてGoogle, Facebookに次いで第3位のデジタル広告プラットフォーム」と位置付け、USの広告主は2018年、Amazonに46.1億ドルを費やすと推測しています。これはUS全体でのデジタル広告支出の4.1%に相当し、2020年には7.0%まで拡大する見込みを立てています。



Image source: eMarketer

日本においてもAmazonの注目度は高く、デジタルインファクトの調査では今後の成長性がある広告プラットフォームとしてAmazonが最も多く挙げられました。

筆者の肌感覚としても2018年はAmazonについて相談・質問されることが急激に増加し、業界全体がAmazonの動向に注目して実際に出稿を開始する数も増えてきているように思います。
実際、大手広告代理店においてもAmazon専門部署やコンサルティングサービスの立ち上げが多く発表されています。


【今後の成長性がある】(n=101、MA)


Image source: デジタルインファクト
デジタル産業の調査、評価と市場規模の算出。インターネット広告、デジタルコンテンツ、クラウドサービスなど。市場調査を分かりやすく、使いやすく、そしてシンプルに。



Amazonには複数の広告プロダクトがありますが、eMarketerによるとUSにおいて86.5%のマーケターはスポンサー広告(旧Amazon Marketing Services、AMS)を使用しており、スポンサープロダクト広告が 79.8%、スポンサーブランド広告(旧ヘッドライン検索広告)が 72.5%、商品ディスプレイ広告が66.8%を占めるとのことです。



Image source: eMarketer
According to a September 2018 survey from Third Door Media, 34.2% of US ecommerce-focused marketers currently spend 10% to 25% of their digital ad budget on ...


このような実績からもAmazonがスポンサー広告に注力するのは当然のことと言え、2018年はスポンサー広告の大きなアップデートが相次いだ1年でした。

以下、テーマごとにアップデート内容をまとめましたので1年の振り返りとして参考になれば幸いです。





1.Amazonの各広告サービスが統合


Amazon Media Group (AMG)、Amazon Marketing Services (AMS)、Amazon Advertising Platform (AAP)…と複数あったAmazonの広告サービスですが、2018年9月より統合、新名称「Amazon Advertising」に変更されました。

しかし名称が統合された以外に各広告サービスをつなぐような大きなアップデートはなく、スポンサー広告への注力と相反し、「Amazon Advertising」としての総合的なエコシステム構築に対する期待は2019年以降に持ち越しとなりました。


Amazonの広告サービスがリブランドAmazonは2018年9月5日(米国時間)、提供する全ての広告サービスを統合し、新名称「Amazon Advertising」に変更したと発表しました。A...



2.スポンサープロダクト広告の強化


検索連動型(キーワードターゲティング)であったスポンサープロダクト広告にて商品ターゲティングができるようになったり、オートターゲティングの場合はターゲットとの一致度合いで入札調整できる機能の追加があったり、主力商品らしい機能強化が目立ちました。

一方、追加された機能における配信結果の詳細はレポートでも取得することができないものもあり、透明性については今後のアップデートが待たれます。

また(スポンサーブランド広告でも同様ですが)キーワードターゲティングにおいて、漢字/カタカナ/ひらがな/英字などの表記揺れをあまりカバーしないため表記揺れワードの複数登録が必要だったり、単語の意図しない箇所で分割・マッチングが起きたりといった日本語独自の問題もあり、今後日本においてシェアを拡大していくにはローカライズも課題のひとつとして挙げられるでしょう。


スポンサープロダクト広告の強化2018年11月上旬よりAmazonのスポンサー広告、スポンサープロダクトキャンペーンにて「商品ターゲティング」(※)の選択ができるようにな...

Amazon スポンサー広告にて細かなアップデートが続いていますので以下にまとめます。スポンサープロダクト広告オートターゲティングにターゲットとの一致度合いで入札調...



3.管理機能の強化


旧管理画面から新管理画面へのアップデートが行われたのも2018年、7月頃のことでした。このメジャーアップデートによりパフォーマンスのグラフ表示やフィルター機能の強化(マッチタイプやキャンペーンタイプでフィルターができるようになり、管理性が大幅に向上しました!)、読み込み速度の向上などが実現しています。

また12月には「ポートフォリオ」機能が登場し、複数キャンペーンを包括するグループの作成、パフォーマンス管理や請求書の小計表示などに対応しました。これにより「Excelでの管理が基本」とまで言われていたスポンサー広告の、管理画面での管理効率が大幅に向上しています。

筆者は2018年のアップデートの中でもこの「ポートフォリオ」機能は特筆すべき最良のアップデートと感じていますので、ぜひ使い勝手をご確認ください。


2018年12月20日頃より、Amazon スポンサー広告の管理画面に「ポートフォリオ」機能が追加されました。これはキャンペーンをグループ化し予算設定や請求書をまとめられる...





2018年はUnyoo.jpでもAmazon広告に関するイベント開催、インタビューの実施など注力して取り上げてきました。

まだイメージがつかず情報収集中の方やいざ出稿を開始してみたものの手詰まり感のある方へのヒントになるかと思いますので、ぜひ以下の記事もご参照ください。


Google、Facebookと並び、今や広告運用者・EC事業者にとって見逃せない存在となっているAmazon Advertising(以下Amazon広告)。その成長スピートや費用対効果の高さか...

2018年9月にサービス統合、リブランディングされたAmazon広告。その中でも運用型であるスポンサー広告を中心に注目がますます高まっており、対象国やサービスの拡大も続...

Amazon Marketing Service(AMS)とはAmazon Marketing Service(Amazon マーケティングサービス、以下AMS)という広告商品をご存知でしょうか?AMS は Amazon に出品し...


2019年も進化していくだろうAmazon広告、 有益な情報をお届けできるようUnyoo.jpでは引き続き注力してまいります。来年もどうぞよろしくお願いいたします!

著者

Related posts

Top