【ニュース】AdWords API経由でテレビ画面へのターゲティングやレポーティングが可能に

Google to allow connected TV targeting and reporting via the AdWords API

2018年12月12日に、Googleは2019年1月8日から、AdWords API経由でコネクテッドTV(Google広告内では「テレビ画面」へのターゲティングやレポーティングが可能になることを発表しました。


Starting on Jan 8, 2019 you will be able to target and generate reports for a new device category via the AdWords API - connected TV. The c...


「テレビ画面」は、Google広告上では「パソコン」、「モバイル」、「タブレット」となっているデバイスタイプに新しく加わるプラットフォームです。ターゲット先はスマートTV、ゲーム端末やChromecast、Roku、AppleTVなどのスタンドアロンのTV接続デバイスになります。


本ターゲティング オプションは、ディスプレイキャンペーンと動画キャンペーンでのみ利用でき、他のプラットフォームにターゲティングする際と同様に、入札単価調整でターゲティングしたり除外することが可能です。


AdWords APIでこの機能を活用する際のcriterionはplatformName「ConnectedTv」となり、IDは30004となります。現在はデバイス関連のデータが出力される一部のレポートでパソコンに集約される形になっていますが、今後は「テレビ画面」としてセグメントされますのでご注意ください。


新しいデバイスタイプが追加されるのは久しぶりですが、今後も多様な広告ターゲッティング先のデバイスが登場する序章かもしれませんね!

著者

Related posts

Top