【ニュース】ページの表示速度を計測するPageSpeed Insightsが改良

新たにバージョンアップ

2018年11月12日、Google ウェブマスターセントラルブログにて、ウェブページのパフォーマンスを計測する「PageSpeed Insights」にウェブアプリの品質を監査する「Lighthouse」を新たな分析ツールとして使用することを発表しています。現在、ウェブページの読み込み速度やパフォーマンスを計測するツールは多く存在しますが、今回のアップデートによってPageSpeed Insightsの表示内容やUIも以前と大きく変わっています。


Official news on crawling and indexing sites for the Google index




Lighthouseを組み込んだ分析結果レポートが表示

新しいPageSpeed Insightsにレポートされる指標で確認できる主な項目は以下の通りです。



フィールドデータ
Chromeのユーザーエクスペリエンスレポートを使用し、FCP(First Contentful Paint=ユーザーにページの視覚的レスポンスが表示されるまでの時間)とFID(First Input Delay=ユーザーとサイト間にインタラクションが発生しブラウザが実行できる時間までの時間)を表示します。


ラボデータ
FCPやスピードインデックスなど、「Lighthouse」による分析結果を表示します。


改善項目
ページのパフォーマンス指標を改善する方法と、改善することで短縮できる推定時間を表示します。


診断
キャッシュやJavaScriptなど、アプリケーションのパフォーマンスに関するレポートを提供します。




ページスピードを測定する様々なパフォーマンスツール

ウェブページのパフォーマンスを測定するツールは多く存在し、代表的なものとして「Test My Site」や「スピードスコアカード」などがあるため、それぞれ目的に応じて使い分けると良いと思います。


1.WebPageTest

Run a free website speed test from around the globe using real browsers at consumer connection speeds with detailed optimization recommendations.


2.Test My Site

たった今、モバイルでの自分のサイトの読み込み速度を確認しました。あなたもぜひ #TestYourSite で読み込み速度の改善方法を確認して、訪問者を逃さないようにしません...


3.「スピードスコアカード」と「インパクトカリキュレータ」

See how your mobile site speed ranks compared to other top brands and learn how you can provide a faster, more frictionless mobile experience

※参考

2018年2月26日、Googleはバルセロナで開催されたMobile World Congressで、他社とサイトの表示速度を比較できるMobile Speed Scorecardと、表示速度が改善された場合の...


今回は、ページの速度を測定する方法に関するデータと指標が大幅に改善されました。Google広告では、2018年10月30日以降、すべてのアカウントで並行トラッキングが必須になったことからも、Googleがページのパフォーマンスによるユーザーエクスペリエンスを常に重視していることが伺えます。今回のバージョンアップを機に是非活用してみてください。

著者
Tags

Related posts

Top