【ニュース】AdWordsの並行トラッキングが全アカウントで利用可能に

並行トラッキングが管理画面、APIの両方で利用可能に

2017年10月に発表されたGoogle AdWordsの並行トラッキングが管理画面、APIの両方で使えるようになったとGoogle開発者向けブログで発表されています。


 

参考:

AdWords now allows you to enable parallel tracking for all advertisers from frontend and API. People who click your ads will go directly t...


 

並行トラッキングの概要は2017年10月のこちらの記事を参考にしてください。

参考:

2017年10月19日(日本時間で10月20日)、Google は従来のトラッキング方法を変更し、新たなトラッキング方法として「並行トラッキング」を発表しました。2018年初頭には...


 

従来のトラッキングの場合、広告をクリックしたあと、トラッキングURLのリダイレクトが完了する前に離脱してしまい、ランディングページに到達しないケースが発生していましたが、並行トラッキングを使うことで、ユーザーを広告から最終ページURLへ直接誘導しつつ、同時にバックグラウンドでトラッキングを行います。これにより、ランディングページの読み込み速度が高速化することで訪問者数が増え、無駄な広告費用を減らしながらコンバージョンを増やすことができます。


ただし、サードパーティープロバイダのトラッキングツールを使用している広告主は、ご利用の並行トラッキングへの互換性について、プロバイダにご確認いただく必要があると注意を促しています。


 

技術者向けのガイドが公開されていますので、こちらを参考にしてください。
https://developers.google.com/adwords/api/docs/guides/click-tracking


 

今回の変更は2017年からアナウンスされているものの、比較的新しい取り組みですので、特にサードパーティープロバイダのトラッキングツールを使用している場合は確認、実装、テストを十分な時間をかけて行った上、並行トラッキングを活用する必要があります。自社の広告施策の効果改善につながる可能性はありますし、Googleにとってもユーザーエクスペリエンス向上につながる重要な機能と思われますので、検討してみてはいかがでしょうか?

著者

Related posts

Top