Google、次世代AdWords API「Google Ads API」 ベータ版を発表

Google Ads API

Googleは、2018年4月23日、次世代版のAdWords APIとなる「Google Ads API」のベータ版を発表。ベータプログラムへの募集が開始されました。


Today we’re announcing the beta release of Google Ads API v0. The Google Ads API is the next generation of our current AdWords API , and i...


Google Ads API v0となる今回のリリース。各種クライアント環境からgRPCおよびJSON RESTでアクセスできます。本APIは徐々にロールアウトされ、ゆくゆくは現行AdWords APIの機能と一致するとしています。


今回のベータにはサーチのキャンペーンの作成からレポーティングまでが含まれます。Google Ads Query Languageというものが実装されているようです。AdWords Query Lanaguage(AWQL)よりも柔軟なクエリーを実行できるようなものと予想されます。


Google Ads API v0には以下の機能が含まれています:

  • サーチキャンペーンの作成、更新、削除
  • キャンペーン予算の管理
  • サーチキャンペーンの広告グループの管理
  • サーチキャンペーンの5つの異なる広告の管理
  • 入札戦略の共有とポートフォリオの設定
  • サーチキャンペーンでキーワードを使ったターゲティングの設定
  • 広告主の詳細情報の入手
  • サーチキャンペーンのさまざまな指標のレポーティング


AdWords APIユーザーはベータに参加し、ハンズオンで使うことで、その有用性を早めに理解し、先々のマイグレーションにも備えるべきですね!


リリースノートはこちらまで。
https://developers.google.com/google-ads/api/docs/release-notes


ベータプログラム参加についてはこちらまで。
https://developers.google.com/google-ads/api/signup-form

著者
Top