【ニュース】Googleアナリティクス360でBigQuery用のサンプルデータの提供開始

Googleアナリティクスサンプルデータの利用が可能に


2018年3月30日(日本時間で3月31日)、GoogleはGoogleアナリティクス公式ブログで、BigQuery用のGoogleアナリティクスサンプルデータセットの利用が可能になったことを発表しました。


The Google Analytics integration with Google BigQuery gives analysts the opportunity to glean new business insights by accessing session a...



Googleアナリティクスの有料版である「Googleアナリティクス360」では、セッションやヒットの情報をBigQueryにエクスポートし、サンプリングされていないデータの分析をすることが可能ですが、今回の発表により、BigQueryでGoogleアナリティクスのデータを分析する方法やメリットを学ぶことができます。


サンプルデータセットには、実際のeコマースストアである「Google Merchandise Store」のデータを照会することができ、以下の種類の情報が含まれています。


  • トラフィックソースデータ:ウェブサイト訪問者のソースに関する情報。
  • コンテンツデータ:サイト上のユーザーの行動に関する情報。
  • トランザクションデータ:ウェブサイトで発生したトランザクションに関する情報。


  • 例)BigQuery用のGoogleアナリティクスサンプルデータセット


    サンプルデータセットが利用可能になったことで、誰もが実際に、細かい情報を抽出する方法を知ることができます。以下のアナリティクスヘルプで、BigQueryにエクスポートするアナリティクスデータのクエリを作成する方法も記載されているので、練習してみても良いと思います。



    「Google Merchandise Store」のサンプルデータセットを利用して、GoogleアナリティクスのデータセットをBigQueryで分析する練習を重ねてみましょう。GoogleアナリティクスのデータをBigQueryにエクスポートするメリットを深く知ることができるため、積極的に活用していくことをお勧めします。

    著者
    Tags ,

    Related posts

    Top