【ニュース】Googleは新たなツール「Mobile Speed Scorecard」と「Impact Calculator」を発表

2018年2月26日、Googleはバルセロナで開催されたMobile World Congressで、他社とサイトの表示速度を比較できるMobile Speed Scorecardと、表示速度が改善された場合の収益を表示するImpact Calculatorを発表しました。


参考:


 

Mobile Speed Scorecard

Mobile Speed Scorecardとは、他社とサイトの表示速度を比較できるツールです。このツールは、世界中の12ヶ国から数千のサイト表示速度を表示します。このツールで表示されるサイト表示速度はChrome User Experience Reportに基づいたデータが表示されるため、リアルタイムの表示速度ではなく、Chrome上で実際にユーザーが体験した表示速度が表示されます。


 

Image Source: Inside AdWords


右上にあるオプションで国と3G/4Gを選択する事ができます。Googleは、3G接続では5秒以内、4G接続では3秒以内を推奨しています。


Impact Calculator

Impact Calculatorとは、表示速度が改善された場合、収益にどの程度影響があるかを確認する事ができるツールです。


Image Source: Inside AdWords


入力する項目は以下の通りです。

  • Domain:計測対象のドメイン名
  • Current Speed(Second):サイトの表示速度
  • Average Monthly Visitors:平均月間訪問者数
  • Average Order Value($):平均注文額
  • Conversion Rate(%):コンバージョン率

  • 表示速度の重要性

    モバイルデバイスのユーザーエクスペリエンス改善は売上に大きく影響します。Googleの調査では、小売りサイトの表示速度が1秒が遅くなるとコンバージョン数が最大20%減少し、53%のユーザーは3秒以上かかると離脱してしまいます。つまり、ユーザーを読み込み速度の遅いランディングページへ誘導すると、ウェブサイトの直帰率や離脱率が増え、トラフィック、売上が減少します。


    また、Googleはページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として2018年7月より使用することを発表しており、表示速度の重要性はますます増しています。


    参考:

    Official news on crawling and indexing sites for the Google index


    そのため、Googleは表示速度の改善策として以下のサービスを発表しています。

  • Accelerated Mobile Pages (以下、AMP)
  • 並行トラッキング

  • リンク:

    2017年9月7日(日本時間で9月8日)、Googleは2017年9月7日(日本時間で9月8日)から2週間以内に、世界中の広告主がAccelerated Mobile Pages(以下AMP)ランディングペ...

    2017年10月19日(日本時間で10月20日)、Google は従来のトラッキング方法を変更し、新たなトラッキング方法として「並行トラッキング」を発表しました。2018年初頭には...


    サイトの表示速度は売上に直結する問題であり、運用型広告のみで改善するには限界があります。運用者はウェブマスターとの連携を密に行い、上記の施策を行ってみてはいかがでしょうか。


    著者
    Tags

    Related posts

    *

    Top