【ニュース】Yahoo!ディスプレイアドネットワークの「ターゲットリスト(類似)」で類似度の調整が可能に

similar-target-list

ターゲットリスト(類似)で類似度の調整が可能に

2018年8月8日(水)に、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(以下YDN)のサイトリターゲティング機能における「ターゲットリスト(類似)」でサイズの調整が可能になります。このサイズとはユーザーの類似度を表し、類似度によるリーチ数の調整が可能になります。


【YDN】サイトリターゲティングの機能追加について - Yahoo!プロモーション広告
対象サービス Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN) ##実施日(予定) 2018年8月8日(水) ※日程は変更になる場合があります。 ##概要 YDNのサイトリターゲティ...


類似度は10段階で調整することができ、1はもととなるターゲットリストに最も類似しているユーザーに対して広告が配信されます。一方、10の場合は類似度の低いユーザーも含めて、幅広く広告が配信されます。


現在利用中の「ターゲットリスト(類似)」については、実施日以降もターゲットリストの内容に変更はなく、ターゲットリストのサイズは「10」に設定されます。


ターゲットリスト(類似)の仕様が変更に

今回のアップデートにより、「ターゲットリスト(類似)」の仕様において以下の変更があります。


  • アカウント単位の「ターゲットリスト(類似)」の作成上限数を、現在の10から100に引き上げる。
  • 基となるターゲットリストから作成できる「ターゲットリスト(類似)」の数を、現在の1から10に引き上げる。そのため、ターゲットリストのサイズが異なる複数の「ターゲットリスト(類似)」を作成できます。
    ※ターゲットリストのサイズが同一のリストは作成できません。


上記の変更により、1つのターゲットリストから類似度別に「ターゲットリスト(類似)」を作成することができ、類似度別にCPCを調整してコンバージョンの最適化を行うことができます。


「ターゲットリスト(類似)」はCPAが見合わなくて配信停止した方もいると思いますが、今回のアップデートにより、類似度を調整して配信を再開してみてはいかがでしょうか。


著者
Tags

Related posts

Top