Facebook、苦境でも予測を上回る売上、アクティブユーザーも増加へ ─2018年Q1の決算報告から

Q1はアナリストの予測を上回る売上高だが

ケンブリッジアナリティカ問題に端を発したプライバシー問題など何かと話題ののぼる機会が大きかったFacebookですが、今月中には2018年第二四半期の決算発表が発表されます。取締役の変更など、なにかと大きな動きが多かったQ2の決算が発表される前に、改めてQ1の決算を振り返りたいと思います。


2018年第一四半期(1−3月:以下「Q1」)の決算報告によれば、今期の売上高は119.7億ドル、1株あたりの利益は1.69ドルで、アナリスト予想の114.1億ドル/1.35ドルを上回りました。


プライバシー問題の渦中でも優れた広告プラットフォームとしての存在は揺るがないものだったと言えるでしょう。


リンク:

Facebook Reports First Quarter 2018 Results
MENLO PARK, Calif. , April 25, 2018 /PRNewswire/ - Facebook, Inc. (Nasdaq: FB) today reported financial results for the quarter ended March 31, 2018. "D...



Image: Facebook Q1 2018 Results




Q1では各地域で過去最高の売上に

ブラックフライデーやサイバーマンデーといった年末商戦を含む前期の売上からは当然減少していますが、Q1の売上高としては各地域で過去最高をマークしました。


地域合計の前年同期比としては49%もの伸びを見せており、地域別では北米が +43%、ヨーロッパが +59%、アジア太平洋が +49%、その他地域も +49% と満遍なく伸長しています。


Image: Facebook Q1 2018 Results




DAU、MAUともに逆風をはねのけ回復

全四半期ではバイラルビデオの表示を減らしたことで、創業以来初となる北米地域の1日あたりのアクティブユーザー数(Daily Active Users:以下「DAU」)の減少を経験することになった Facebook ですが(※)、Q1で2017年第三四半期の水準まで回復させ、全地域での DAU も4,800万人増の14.49億人(前期比 +3.42%)と増加しました。


DAU/MAU月間アクティブユーザー数(Monthly Active Users)はも図の下にある通り 66% と高止まりしています。


Image: Facebook Q1 2018 Results

※参考:

Facebook、過去最大の売上129.7億ドル、MAUは21.3億人に ─2017年Q4の決算報告から
売上は堅調に増加、アナリストの予測を上回る2017年第四四半期(10−12月:以下「Q4」)の決算報告によれば、今期の売上高は129.7億ドル、1株あたりの利益は2.21ドルで、ア...



月間アクティブユーザー数(Monthly Active Users:以下「MAU」)の成長率は +3.14%で、6,700万人増の21.96億人と増加しています。


前四半期の3.39%よりも成長率は微減したものの、前年同期比では +13%となっており、Q1については一連の騒動がプラットフォームの成長の妨げにはなっていないことを示しています。


Image: Facebook Q1 2018 Results




今後はサードパーティーデータの締め出しとGDPR対策の影響に注目

上述の通り Q1 は売上、ユーザー成長ともに順調な滑り出しとなり、CEOのマーク・ザッカーバーグ氏も

重要な課題に直面しているにもかかわらず、私たちのコミュニティは成長を続けています

とコメントしてます。投稿の中では「我々の責任について広い視野を持ち、利用者に強力なツールを提供するだけでなく、開発したツールが良い目的で使われるようにする(意訳)」と伝えており、具体的な対策がサードパーティのアクセス制限などに該当するでしょう。





2013年にスタートさせたパートナーカテゴリ(サードパーティーのユーザーデータを使ったターゲティング機能)を2018年3月に終了させたこともユーザープライバシーを保護する目的だったと考えられますが、こういった動きが広告収益にどのように影響してくるのかが気になるところです。


また、GDPR(EU一般データ保護規則)遵守の一環として実施するプライバシー保護に関する取り組みを発表していますが、CFOのDavid Wehner氏は「Q2でヨーロッパのユーザー数が横ばいか減少となる可能性があり、広告収益にも影響するかもしれない」とコメントしています。


※参考:

General Data Protection Regulation
Data protection is central to the Facebook Companies. We comply with current EU data protection law, which includes the GDPR.




また、Q2にあたる4-6月は上記のGDPR対策に加え、ファミリーの一角を担う「WhatsApp」の創設者であるJan Koum氏が社を去ることが決まり、Facebookの取締役も辞任すると報じられています。


同氏の強い意向もあり、これまで WhatsApp は広告でマネタイズすることを避けてきましたが、今後の体制変更によって広告の表示やユーザーデータの取扱に注目が集まっています。


今月中には2018年第二四半期の決算発表も発表されることと思いますので、プライバシー騒動の他にも大きな動きが比較的多かった時期の売上がどうなるか、楽しみに待ちたいと思います。

著者
Top