Unyoo.jp注目記事Pick Up:2018年3月の月間ハイライト

先月掲載された中から、アクセス数の多かった人気記事をピックアップ。
3月は、ニュースやコラム記事に人気が集まりました。どの記事も運用型広告運用者必見の内容となっているので、未読の方はぜひチェックしてみてくださいね。




【ニュース】

3月7日、GoogleはSymantecが発行した証明書をGoogle Chromeの時期バージョンChrome 66以降で無効化すると発表しました。同記事では無効化された背景や、それによりどのような影響があるのかについて詳述しています。


Google ChromeでSymantecの証明書が無効化されます
Google Chromeでランディングページに警告表示がされる恐れも 2018年3月7日(水)、Googleは、Symantecが発行した証明書をGoogle Chromeの時期バージョンChrome 66...


2月26日、Googleは他社とサイトの表示速度を比較できるMobile Speed Scorecardと、表示速度が改善された場合の収益を表示するImpact Calculatorを発表しました。同記事では各ツールの機能説明に加え、表示速度を上げることの重要性を説いています。


【ニュース】Googleは新たなツール「Mobile Speed Scorecard」と「Impact Calculator」を発表
2018年2月26日、Googleはバルセロナで開催されたMobile World Congressで、他社とサイトの表示速度を比較できるMobile Speed Scorecardと、表示速度が改善された場合の...


3月13日、GoogleはYouTube動画広告においてカスタムインテントオーディエンスが近日中に利用可能になることを発表しました。同記事ではこれにより何が可能になったのかや、今後の動向について触れています。


【ニュース】YouTube動画広告でカスタムインテントオーディエンスが利用可能に
検索履歴に基づいたターゲティングがYouTubeで可能に2018年3月13日(日本時間で3月14日)GoogleはYouTube動画広告においてカスタムインテントオーディエンスが近日中に...




【コラム】

電通が発表する「日本の広告費」2017年の数字が2018年2月22日に発表された。同記事ではアタラフェローの有園雄一氏が、「日本の広告費」を紐解きながら、東京オリンピック以降(2020年9月以降)の日本の広告がどうなるのか?どうあってほしいか?について語っています。


電通「日本の広告費」は、信頼できるのか!? 2020年9月からの日本を考えよう。
※この記事は、アタラフェロー / 電通総研カウンセル兼フェロー/ 電通デジタル客員エグゼクティブコンサルタント 有園雄一さんからご寄稿いただきました。「あの数字、...


スマートフォンの進化により、ユーザーのオンライン行動は劇的に進化しています。この状況を受けて、広告主には顧客との最適なコミュニケーションが求められています。同記事では、各タッチポイントでの貢献度を正確に測り、適切に貢献度を割り当てるツールとしてのGoogke AdWordのアトリビューションモデルについて解説しています。


データドリブンアトリビューションがもたらすGoogle AdWordsの効果改善
複雑化するユーザーの行動テクノロジーの進歩によりスマートフォンが普及してから、ユーザーのオンライン行動は劇的に変化しています。ウェブサイトで商品を購入する際...


同記事では、安定した成長を続けるGoogleのショッピング広告と急成長を見せるAMSの現在の状況、Eコマース向け運用型広告の業界展望について、アタラフェローの岡田吉弘氏が解説しています。※同記事は岡田氏の外部記事をUnyoo.jp用に再編集したものです。


Eコマース向け運用型広告は2強時代へ〜 急伸するアマゾンAMSと、王道化するショッピング広告
※この記事は、アタラフェロー 岡田吉弘さんの外部記事を、Unyoo.jp用に再編集したものです。ショッピング広告は引き続き力強い成長Googleのショッピング広告は、2011年...


**2018年2月以前の人気記事**

ITPの導入によって広告運用は今後どのように変化するのか? 5人の識者に聞いてみた
ITP後の世界で広告運用はどのように変化していくのか Apple社の iOS 11 から実装されている Safari のセキュリティ機能「Intelligent Tracking Prevention(以下、ITP...

Facebook、過去最大の売上129.7億ドル、MAUは21.3億人に ─2017年Q4の決算報告から
売上は堅調に増加、アナリストの予測を上回る2017年第四四半期(10−12月:以下「Q4」)の決算報告によれば、今期の売上高は129.7億ドル、1株あたりの利益は2.21ドルで、ア...

LINE 木原さん、北出さんに聞く:7300万人にリーチできるLINE Ads Platform の現在とキャンペーン成功の秘訣
日本においては今やインフラの一部と言っても良いほどの月間アクティブユーザー(Monthly Active Users: MAU)を誇る LINE ですが、2017年4月3日より100万円の最低予算...

シリーズ:AMS運用最前線 第1回 - Amazon Marketing Service(AMS)の始め方
Amazon Marketing Service(AMS)とはAmazon Marketing Service(以下AMS)という広告商品をご存知でしょうか?AMS は Amazon に出品している商品の売上を拡大するため...

Related posts

Top