【ニュース】Googleアナリティクス360でBigQuery用のサンプルデータの提供開始

Googleアナリティクスサンプルデータの利用が可能に


2018年3月30日(日本時間で3月31日)、GoogleはGoogleアナリティクス公式ブログで、BigQuery用のGoogleアナリティクスサンプルデータセットの利用が可能になったことを発表しました。


Introducing the Google Analytics Sample Dataset for BigQuery
The Google Analytics integration with Google BigQuery gives analysts the opportunity to glean new business insights by accessing session a...


Google Analytics Sample Dataset for BigQuery - Analytics Help
The sample dataset provides a complete Google Analytics 360 data set that can be accessed via BigQuery. It’s a great way to look at real business da...


Googleアナリティクスの有料版である「Googleアナリティクス360」では、セッションやヒットの情報をBigQueryにエクスポートし、サンプリングされていないデータの分析をすることが可能ですが、今回の発表により、BigQueryでGoogleアナリティクスのデータを分析する方法やメリットを学ぶことができます。


サンプルデータセットには、実際のeコマースストアである「Google Merchandise Store」のデータを照会することができ、以下の種類の情報が含まれています。


  • トラフィックソースデータ:ウェブサイト訪問者のソースに関する情報。
  • コンテンツデータ:サイト上のユーザーの行動に関する情報。
  • トランザクションデータ:ウェブサイトで発生したトランザクションに関する情報。


  • 例)BigQuery用のGoogleアナリティクスサンプルデータセット


    サンプルデータセットが利用可能になったことで、誰もが実際に、細かい情報を抽出する方法を知ることができます。以下のアナリティクスヘルプで、BigQueryにエクスポートするアナリティクスデータのクエリを作成する方法も記載されているので、練習してみても良いと思います。


    BigQuery について - アナリティクス ヘルプ
    この機能は、Google アナリティクス 360 スイートに含まれる Google アナリティク


    「Google Merchandise Store」のサンプルデータセットを利用して、GoogleアナリティクスのデータセットをBigQueryで分析する練習を重ねてみましょう。GoogleアナリティクスのデータをBigQueryにエクスポートするメリットを深く知ることができるため、積極的に活用していくことをお勧めします。

    著者
    Tags ,

    Related posts

    Top