Appier のオーディエンス分析プラットフォーム、アイソン(Aixon)が Google の DoubleClick とデータ連携開始

アイソンが Google の DoubleClick 製品とデータ連携開始

2018年2月7日(水)、人工知能(AI)搭載のプラットフォームを提供するテクノロジー企業 Appier (エイピア)は、AI技術を搭載したオーディエンス分析プラットフォームであるアイソン(Aixon)と DoubleClick のデータ連携を開始したことを発表しました。

Appier
Appier is a technology company which aims to provide artificial intelligence (AI) platforms to help enterprises solve their most challenging business problems.


アイソン(Aixon) で分析したオーディエンス情報を基に AdWords, Facebook アカウントや、Appier社が提供するDSPから広告を配信することは以前から可能でしたが、今回のアナウンスにより、アイソンで抽出したオーディエンス情報を基に、「DoubleClick Bid Manager」での広告配信も可能となります。また、「DoubleClick for Publishers」、「DoubleClick Campaign Manager」との連携も可能となっています。


アイソン(Aixon)については Unyoo.jp でも2017年8月に特集いたしましたので、下記の記事もあわせてご参考いただければ幸いです。


Appier (エイピア)の松崎さんに聞く:「Aixon」(アイソン)から見える AI を活用したオーディエンス分析の未来
マーケターがAI を当たり前のように使いこなす時代に2017年5月に行われた Google Marketing Next 2017 において、Google の広告製品を統括する Sridhar Ramaswamy 氏は...




加速する人ベースのマーケティング


デバイスの多様化などに伴い、Cookie の仕組みを利用した広告のターゲティングやトラッキングがいよいよ現実的に厳しくなってきており、個人をより特定できる情報を捉え、分析し、広告や広告でない施策を問わず、マーケティングに活かしていくことが求められており、そのキーとなる顧客情報が蓄積されたCRMに今、再度注目が集まっています。


実際、世界最大の広告代理店WPPの子会社であるGroupM がGoogle, Facebook に対抗して独自のID を構築したり、電通と電通デジタルが「People Driven Marketing」を標榜して「People Driven DMP」を構築するなど、複数の cookie 情報をひとつにまとめる動きが加速しています。


広告最大手WPPが独自ID構築へ:Google、Facebookに対抗 | DIGIDAY[日本版]
広告ホールディングス世界最大手WPPのメディアエージェンシーGroupM(グループエム)はデータユニット「Platform」を構築すると発表した。


電通と電通デジタル、"人"基点でグループ内のマーケティング手法を結集・高度化した統合フレームワーク「People Driven Marketing」を開発
株式会社電通とその100%子会社である株式会社電通デジタルは、“人”基点で電通グループ内のマーケティング手法を結集・高度化した統合フレームワーク「People Driven Ma...


Appier は、自社のコアコンピタンスであるAI・機械学習の力を活用して、日本を含むアジアを中心に20億以上のデバイスをユニークユーザー単位に独自に分類する「エイピアクロススクリーンデータベース」を保有しています。この人ベースのオーディエンス情報は、Google, Facebook, などの巨人を除けば相当な規模になることが想定され、前述の人ベースのマーケティングという観点からも今後注目していく必要があるのではないかと思います。


Appier が保有する人ベースのオーディエンスデータが DoubleClick と連携したということで、またさらに人ベースのマーケティングの動きが加速していくのではないかと思います。今後の動きが楽しみです!

著者
Tags , ,

Related posts

*

Top