Unyoo.jp注目記事Pick Up:2017年10月の月間ハイライト

先月掲載された中から、アクセス数の多かった人気記事をピックアップ。
今回はニュース記事やコラムに注目が集まりました。旬のニュース、関係者ならば知っておきたいためになるコラムがたくさん掲載されていますので、未読の方はチェック!




【ニュース】

同記事では、10月19日より新たにGoogle AdWords のアカウントで使用可能となった新たなトラッキング方法「並行トラッキング」についての概要を、従来のプロセスと比較しながら紹介しています。

Google AdWordで新たなトラッキング方法として「並行トラッキング」を発表
2017年10月19日(日本時間で10月20日)、Google は従来のトラッキング方法を変更し、新たなトラッキング方法として「並行トラッキング」を発表しました。2018年初頭には...


同記事ではFacebookの2017年第二四半期の決算報告を紹介。さらに9月14日に実施されたプレス向けラウンドテーブルで発表された、日本における事業ハイライトも3つ紹介しています。


Facebook、予測を上回る93.2億ドルの売上、ユーザーの伸びは若干鈍化 ─2017年Q2の決算報告から
以前好調を維持、アナリスト予想を上回る売上2017年第二四半期(4−6月:以下「Q2」)の決算報告によれば、今期の売上高は93.2億ドル、1株あたりの利益は1.32ドルで、アナリ...


2017年8月29日にGoogleは広告のローテーション設定のアップデートを発表しました。同記事では今回のアップデートにより変更/廃止された事項、またそれにより何が可能になるのかを解説します。


AdWords の広告のローテーション設定が変更に
2017年8月29日(日本時間で8月30日)、Google は広告のローテーション設定のアップデートを発表しました。参考:本アップデートより、2017年9月下旬から広告のローテー...


9月27日、Googleは欧州経済領域(EEA)の加盟諸国とスイスで、価格比較サービスの運営会社が販売者に代わってGoogle.com上でショッピング広告を掲載できるようになったことを発表。同記事では利用可能な国、開始にあたっての条件などを紹介しています。


ヨーロッパで価格比較サービスがショッピング広告を利用可能に
価格比較サイトがショッピング広告を利用可能に2017年9月27日(水)、Google は欧州経済領域(EEA)の加盟諸国とスイスで、価格比較サービスの運営会社が販売者に代わって...


電話での問い合わせや店舗への来店・購入など、Facebook広告におけるオフラインコンバージョンを計測している広告主を対象に、機能の追加が行われました。同記事ではどのような機能がアップデートされたかに迫ります。


Facebookがオフライン情報関連のプロダクトを機能強化
正式な日程が不明ですが、電話での問い合わせや店舗への来店・購入など、Facebook 広告におけるオフラインコンバージョンを計測している広告主を対象に、機能の追加が行...




【対談】

マーケッターにとってより使いやすい分析ツールの提供に取り組む「株式会社サイカ」の代表取締役社長 平尾喜昭さんに、サイカが提供するサービスの生い立ちや特徴、強みまでを伺いました。

サイカの平尾さんに聞く:統合的なマーケディングシミュレーターでマーケターを進化させたい
とにかくマーケターを進化させたい。そういう機能を追加したい。アトリビューション・マネジメントが提唱されはじめてからほぼ10年が経ちます。アトリビューションはマ...




【コラム】

Apple社の iOS 11 から実装されている Safari のセキュリティ機能「Intelligent Tracking Prevention(以下、ITP)」は、デジタル広告、特に Cookie の仕組みを利用してターゲティングやトラッキングを行う広告分野(つまりほとんどすべての広告)へ大きな影響を与えると言われています。同記事ではITPが運用型広告の実務にどう影響するのか、それにより運用広告をとりまく環境がどう変化するのかを、5人の識者に伺っています。


ITPの導入によって広告運用は今後どのように変化するのか? 5人の識者に聞いてみた
ITP後の世界で広告運用はどのように変化していくのか Apple社の iOS 11 から実装されている Safari のセキュリティ機能「Intelligent Tracking Prevention(以下、ITP...


Googleは、2017年10月4日より、AdWordsキャンペーンで1日あたりの予算の2倍まで広告が掲載できるようになったと発表しました。同記事ではこの仕様変更に対する反応、そして予算を超過しないための2つの方法を提案。さらに、超過分レポートの出力方法についても紹介しています。


1日あたりの予算が最大で2倍まで超過するAdWordsの仕様変更に関する反応(と、予算確認のための幾つかの方法)
1日あたりの予算の最大2倍まで広告が掲載 Googleは、2017年10月4日(日本時間で10月5日)より、AdWords キャンペーンで1日あたりの予算の2倍まで広告が掲載できるよう...




**2017年9月以前の人気記事**

AdWords の「来店コンバージョン」から見えてくる広告の未来  - グーグル合同会社 信濃伸明氏
グーグルだからこそ実現できた「来店コンバージョン」運用型広告の世界では、オンラインでの広告配信がオフラインの行動にどのような影響を及ぼしているかを計測するこ...

DoubleClick Bid Manager(DBM)の広告マーケットプレイスがいよいよ開始へ
Marketplace(ベータ)の開始2016年2月24日、DBM(DoubleClick Bid Manager)で広告主とパブリッシャー(メディア)が直接広告取引が可能になるマーケットプレイス機能...

AdWordsの自動入札をちゃんと理解するために:オフィシャル解説書「Setting Smarter Search Bids」を読み込んでみた
「自動入札」ツールとは 「自動入札」と聞くと、サードパーティツールの自動入札機能を思い浮かべる運用者は多いのではないでしょうか。2000年代中盤から後半にかけて...

Facebook広告で入札オプションが重要なワケ
ここ1年は広告製品に限らずアップデートが多い Facebook ですが、動画広告にビュー課金が登場(詳しくはこちら)したように、入札オプションも徐々に多様化してきていま...

Related posts

*

Top