2017年中にAdWordsアプリインストールキャンペーンがすべてUACに移行

2017年8月14日(日本時間で8月15日)、Googleはユニバーサルアプリキャンペーン(UAC)のアップデートについて発表いたしました。



※日本語記事:Google AdWords ユニバーサル アプリ キャンペーン(UAC)でモバイルアプリを効率的にアピール



本アップデートにより、2017年中にAdWordsアプリインストールキャンペーンはすべてUACに移行され、UAC以外でのアプリインストールキャンペーンは作成・配信ができなくなります

アップデートは段階的に進み、スケジュールは以下の通りです。

1. 2017年10月16日以降、新しいアプリインストールキャンペーンはUACでのみ作成が可能に(既存のアプリインストールキャンペーンの掲載は続く)

2. 2017年11月15日をもって既存のアプリインストールキャンペーン(検索、ディスプレイ、YouTube)の広告掲載は停止




進む自動化とシンプル化

UACは簡単な設定をするだけでターゲットや配信面、クリエイティブ、入札単価などが機械学習で自動最適化されていくという、Googleの強力な機械学習テクノロジーが活用されているキャンペーンです。


▲クリエイティブの登録画面。広告文のみ必須で動画、画像はオプション。Google PlayとApple App Storeの掲載情報も使用し、広告が自動的に生成される




設定はシンプルながら成果も大きく、Googleの広告サービスによるアプリインストール数全体の50%以上がUACによるものであり、さらに既存のアプリインストールキャンペーンよりもUACの方が費用対効果が良いという結果も出ているようです。

UAC 導入以来、多くのデベロッパーやマーケターの皆様が UAC を利用してアプリを宣伝し、大きな成果を上げています。 現在では、Google の広告サービスに起因するアプリインストール全体の 50% 以上が UAC によるものです。さらに、UAC を利用し、アプリ内操作を目標に最適化している広告主様は、Google の他のアプリ インストール広告を利用した場合に比べ、1 ドルあたりのコンバージョン数が 140% 多いという結果が出ています。




2015年のリリース以降、iOSへの対応や広告プレースメントの追加、自動入札機能の拡充などのアップデートが続いていましたが、いよいよアプリインストールキャンペーンの統合という大きな転機を迎えます。

2017年5月にフルローンチされた「スマートディスプレイキャンペーン」も同様にターゲット、クリエイティブ、入札が自動最適化されていくキャンペーンであり、Googleが自動化とともに運用のシンプル化にも注力していることの表れと言えるでしょう。

もちろん成果が伴わなければすべて自動化という思い切った舵は切れませんし、動的検索広告(DSA)の強化やスマートディスプレイキャンペーンのローンチ、そして今回のアプリインストールキャンペーンのUAC移行といった流れからGoogleの機械学習テクノロジーに対する強い自信が感じられます。

参考:

AdWords のスマートディスプレイキャンペーンがすべての広告主で利用可能に
ディスプレイ広告の入札、ターゲット設定、広告作成を全自動化 2017年4月20日(木)、 Google は、AdWords のディスプレイ広告キャンペーンにおいて、入札、ターゲット設...





自動化とシンプル化は運用コストを減らしつつ成果を拡大するという広告主・運用者にとっての良い面と、アプリインストールキャンペーンを実施したことのない新規ユーザーの利用ハードルを下げるというGoogleにとっての良い面もあり、今後UACを実施する広告主は増えていくものと思われます。

だからこそ、今まで以上にクリエイティブの訴求ポイントやGoogle Play/Apple App Storeにおける掲載情報の表現、そしてインストールユーザーの長期的な価値なども見極めつつ、包括的なマーケティング観点を持ってこだわっていきたいですね。



参考:

ターゲット ユーザーに合わせて広告をカスタマイズする - AdWords ヘルプ
ユニバーサル アプリ キャンペーン用の最適な広告を作成する ターゲット ユーザーに合わせてアプリのアピール方法を変えます。 例: 旅行アプリ

価値の高いアプリユーザーを見極める - AdWords ヘルプ
アプリ内で特定の操作を行ったユーザーの長期的価値を見極める キャンペーンを開始する際は、次のように、事前にターゲットとするユーザーを

著者

Related posts

*

Top