Google オプティマイズが正式版に移行、誰でも無料で利用可能に

2017年3月30日、Googleは「Google オプティマイズ 360」とその無償版「Google オプティマイズ」を正式版に移行し、「Google オプティマイズ」においては誰でも無料で利用可能になることを発表いたしました。

Google オプティマイズがどなたでも無料でご利用可能に
この記事は、Google アナリティクス ソリューション 英文ブログ記事 「 This is not a test: Google Optimize now free — for everyone 」を元に構成しております。 ...


「Google オプティマイズ 360」とはA/B テストによるウェブサイトの最適化ツールで、その機能の一部に制限のある無償版が「Google オプティマイズ」です。

※機能の比較はこちらを参照

Google オプティマイズは2016年10月よりベータ版が提供されており、申請によって利用を受け付けていましたが、今回の正式版リリースによって申請なしで自由に利用が可能となりました。




強力なのに簡単

Google オプティマイズでは、ウェブサイトのA/B テスト、多変量テスト、リダイレクトテストを作成して実施することができます。

無償版でも強力な機能を有するのに対し、導入も管理も簡単なことが特徴です。


1.導入が簡単

Google アナリティクスと Google タグマネージャを基に開発されており、これらを使用していればわずか数ステップで利用開始することができます。

筆者も実際に試してみたところ、利用したいGoogleアカウントにログインした状態でこちらのリンクにアクセスし、いくつか項目を選択していくだけでテストの作成まで容易に進められました。


[GET STARTED]をクリック



各設問を選択し、アカウント開設完了



Google アナリティクスとのリンクも3クリックで完了




2.ウェブページのパターン作成が簡単

Google オプティマイズには「ビジュアルエディタ」が搭載されており、このエディタを使用するとコードを編集することなく、ドラッグ&ドロップだけで誰でも直感的にウェブサイト上の要素を変更できます。

たとえばアクションボタンの文言や位置、見出しなど、デザイナーに都度依頼することなくウェブ担当者が直接変更を加えられるので、特にインパクトのある機能と思われます。




3.テスト設計・管理が簡単

テスト対象となるターゲットユーザーを柔軟に設定することや(地域、行動、環境、ユーザーリストによるターゲティングが可能)、テスト反映ページを選択・確認することもできるため、条件に沿ったテストの設計に威力を発揮するでしょう。

またテスト結果はGoogle アナリティクスに設定した既存の指標と目標を基に算出されるため、現在Google アナリティクスを使用しているユーザーはスムーズな分析が可能です。

参照:オプティマイズでのターゲット設定の概要



ウェブサイトのテストは今までその有用性は理解しつつも費用や人的リソースの問題でなかなか実行が難しい、ということも多かったかと思いますが、まずは無償版の「Google オプティマイズ」を導入し、テストを実施してみてはいかがでしょうか。

より高度な機能やサポートを利用したい場合は有償版である「Google オプティマイズ 360」の導入が推奨されますが、無償版の「Google オプティマイズ」でもまず感触を試すには十分な機能が備わっています。

ウェブサイトテスト界の“黒船”となりうるGoogle オプティマイズ、今後の進化も楽しみにしたいと思います!

著者
Tags

Related posts

*

Top