Googleデータスタジオが表示環境に合わせた設定が可能に

Googleデータスタジオがアプリ、大画面、ドキュメントの各環境に合わせて選べる設定を追加しました。


リンク:データスタジオ: アプリ、大画面、ドキュメントの各環境に合わせて選べる設定を追加


レポート設定をカスタマイズできる範囲は以下の通りです:

  • レポート ヘッダーの表示の有無
  • ナビゲーション パネルの表示位置: 上部か左側
  • 余白の有無
  • 表示領域の縦横サイズ


レポートの「編集」をクリックすると、これらの設定ができるようになります。



  • アプリの場合: ヘッダーの自動非表示、余白なし、左側ナビゲーション
  • 大画面の場合: ヘッダーの自動非表示、余白なし、アスペクト比 16:9
  • ドキュメントの場合: 固定ヘッダー、余白あり、カスタムサイズの表示領域


という感じで設定すると、それぞれの画面に合った、見やすいレポートを表示することが可能です。


マーケティングダッシュボードはPCのみならず、大型のインフォメーションディスプレイやスマートフォンアプリなどで見ることも増えそうなので、こういった細かい設定ができるのは便利ですね。

著者

Related posts

*

Top