AdWords電話番号表示オプションがアカウントレベルで設定可能に

2017年3月8日、GoogleはAdWordsの電話番号表示オプションがアカウントレベルで設定できるようになったと発表いたしました。




一括で、漏れなく設定

今まではキャンペーンまたは広告グループレベルでそれぞれ設定が必要でしたが、アカウントレベルで設定することにより、アカウント全体に一括で電話番号表示オプションを紐付けることが可能になります。

設定工数の削減だけでなく、設定の抜け漏れ防止にも効果を発揮するのではないでしょうか。

また、もし電話番号表示オプションをアカウント・キャンペーン・広告グループそれぞれで設定した場合、より小さい(階層が低い)レベルが優先して適用されます。変更や出し分けの際はご注意ください。




電話専用広告の新しい表示形式

また、Googleはモバイルファーストの時代に合わせ、今後もモバイルのユーザー体験を高められるようなアップデートを続けていくと述べています。

例として挙げられているのが、電話専用広告の見出しに社名を表示するという新しい表示形式です。



出典:Inside AdWords


2016年夏頃テストが開始されたこの表示形式により、架電率および電話コンバージョン率が著しく高まったとwommster.com社長のコメントが紹介されています。


“Introducing business names to call-only ads has improved the quality of calls we drive from Google Search for clients across our agency. We’ve been able to showcase their brands more clearly and increase user trust, which has led to significantly higher clickthrough and call conversion rates.”


(電話専用広告に社名が挿入されることにより、私達の顧客全体でGoogle検索からの電話の品質が向上しました。ブランドがよりはっきり分かること、ユーザーからの信頼感が増すことにより、著しく高いクリック率および電話コンバージョン率を獲得できたものと考えます。)




より簡易に、価値のある電話を促進

さらにランディングページを自動で識別し、ビジネスの目的に有用な電話番号がはっきりと記載されている場合は自動的に電話番号表示オプションや通話レポートを追加する「電話番号自動表示オプション」も今後数ヶ月のうちにローンチしていくほか、通話レポートデータについても近いうちにキーワードレベルや広告レベルでの確認ができるようになるとのことで、Googleがモバイルの通話関連のアップデートに力を注いでいることが窺えます。

参考:広告表示オプション(自動)について



もし電話によるお問い合わせやお申込みの価値が高いサービスを提供しているのに電話番号表示オプションや電話専用広告を試したことがない場合、広告の品質やクリック率の向上も見込めるため、この機会に利用を検討してみてはいかがでしょうか。

電話を活用した広告についてはガイドにもまとまっていますので、一読をおすすめいたします。

著者
Tags

Related posts

*

Top