AdWords の広告文にIF 関数が使用可能に

ユーザーの”Micro-Moments”に寄り添うために

2017年1月31日、Google はAdWords の検索連動型広告の広告文にIF 関数が使用できるようになったことをGoogle+ 上で発表しました。



このIF関数を下記の画像のように設定することで、「デバイス」「ユーザーリスト」ごとに広告文を出し分けることが可能になります。



画像引用元: IF 関数について – AdWords ヘルプ


IF 関数を使用してモバイルデバイス用に広告文を書き分ける場合、下図のように設定します。



画像引用元: IF 関数について – AdWords ヘルプ


ユーザーリストを指定して広告文を書き分ける場合は下図のように設定します。


画像引用元: IF 関数について – AdWords ヘルプ


広告カスタマイザを使用して広告文を出し分けたい場合、キーワードを指定する必要があり、大量のキーワードを登録しているEC系の広告主の場合は利用しにくいケースがありましたので、IF 関数の登場によって広告文の書き分けはかなり使いやすくなったのではないでしょうか。


多くのECサイトではヘビーユーザーとライトユーザーで提供する割引などのサービスが異なる場合も多々あります。Google オプティマイズなどのA/B テストツールなどを使い、ランディングページの検証と合わせてより効果の高い広告文を検証していくと良いのではないでしょうか?


下記の公式ヘルプページを参考にしてお試しすることをお勧めします!

著者
Tags

Related posts

*

Top