adjustがmeasurement 2.0として機能をアップグレード

アプリ計測ツールを提供するadjustが大幅な機能アップグレードを実施しました。


リンク:Adjust Calls for ‘Measurement 2.0’ to Solve Data Security and Privacy Problems(原文)

リンク:adjustのMeasurement 2.0、革命的な新機能の追加が盛りだくさん:セグメントビルダー、コストデータ、ダイナミックタイムゾーン変更、毎時データ表示(日本語文)


今回のアッフ?ク?レート?では、セク?メントヒ?ルタ?ー、コストテ?ータ、タ?イナミックタイムソ?ーン変更、毎時テ?ータ表示機能か?追加されました。



セク?メントヒ?ルタ?ーは、ユーサ?ーのセク?メントを細かく定義することにより、ヒ?ンホ?イントて?適切なテ?ータを抽出・分析し、リターケ?ティンク?することか?可能となります。


コストテ?ータは、コストテ?ータAPIの公開により、ハ?ートナーネットワークからCPIテ?ータを自動的に取得し、正確な広告のROIを可視化することか?て?きるようになります。


タ?イナミックタイムソ?ーン変更は、タイムソ?ーン設定を動的に変更することか?て?き、各レホ?ートの時間帯も分けて設定て?きます。ク?ローハ?ルにキャンヘ?ーンを展開しているユーサ?ー企業などは、その地域の標準時に合わせて的確な広告効果の測定や投資か?可能になります。


毎時テ?ータ表示は、毎時のテ?ータ表示への大幅な移行によって、時刻に関連した指標を表示することか?可能となります。夜型の人か?朝型の人よりもROIに貢献しているか? ケ?ームのフ?ロモーションに最適な午後の時間帯はあるのか?など、毎時間のテ?ータを確認することにより、より詳細なユーサ?ーの行動を分析を行い、効果的なリターケ?ティンク?か?可能です。


どれもスピード感をもって分析・行動するべきアプリプロモーションには重要な機能ですね。アプリ計測各社の動きも活発化していますが、今後も最新技術の実装状況から目を離せませんね。

著者

Related posts

*

Top