Google Analytics分析のためのRライブラリ

最近リリースされたGoogle Analytics Reporting API V4を制御し、データ分析を可能にするRパッケージが新しく使えるようになりました。


リンク:googleAnalyticsR: Analytics Reporting API V4 向けの新しい R パッケージ


googleAnalyticsRは、Google アナリティクスの Google デベロッパー エキスパートであるMark Edmondson氏が開発したものです。
リンク:googleAnalyticsR – Google Analytics API to R


googleAnalyticsR を使うと、Googleアナリティクスで収集したデータを任意のRセッションに直接ダウンロードし、そのセッションと他にオープンソースで公開されている豊富なRパッケージを併用して、より深い分析ができます。


googleAnalyticsR は v3 API 機能に加え、次の v4 固有の機能にも対応しています。

  • オンザフライ計算指標
  • ピボット レポート
  • ヒストグラム データ
  • さらに高度な複数のセグメント
  • マルチデータ リクエスト
  • コホート
  • 一括処理レポート


googleAnalyticsRの利用には、

  • R の最新バージョン
  • R 向け統合開発環境の RStudio

をご用意ください。


googleAnalyticsRを使うことで、API経由でのデータ取得、セグメントの作成、Shinyを使ったダッシュボード作成が可能です。また、サンプリングされていないデータの取得、分析も可能で、その場合、BigQueryにエクスポートされたGoogleアナリティクス360のデータに対して直接クエリを実行し、サンプリングされていない数百万もの行をダウンロードできるようになっています。


Googleアナリティクスのデータを、より深く、かつスピーディに分析するには強力なツールかと思います。データ処理や視覚化にもオープンソースの波がきてますね。こういった環境をいかに探し当て、サクサク使いこなしていくかも、今後の運用者に求められる資質の一つになっていきますね。

著者
Tags ,

Related posts

*

Top