AdWords Editor のバージョンが11.6にアップデート

AdWords API v201609 に対応

2016年10月5日(水)、Google はAdWords Editor のバージョンが11.6にアップデートされたことを発表いたしました。今回の変更によって下記の機能がAdWords Editor上でも編集できるようになります。


  • ユニバーサルアプリキャンペーン
  • Gmail 広告テンプレート
  • 拡張テキスト広告 (Expanded Text Ads)
  • レスポンシブ広告
  • デバイスの入札単価調整比

  • また、この他にもAdWords Editor 自体の機能のアップデートも発表されています。


  • アドバンスサーチ (Advanced Search)
  • フィルターを使用して検索結果が絞りこめるようになりました。

  • 統計情報等のスケジュールダウンロード (Scheduled Download)
  • 配信レポートや直近の変更項目などを指定した時間帯で自動でダウンロードすることができるようになります。


    参考リンク: AdWords Editor now supports mobile-first innovations, Gmail ad templates, and more


    AdWords Editor は、Editor 上で編集した内容をAdWords API 経由で管理画面に変更を加えていますので、今回のアップデートは10月3日発表されたAdWords API v201609 への対応が中心となります。


    参考記事: AdWords API v201609がリリース


    拡張テキスト広告やデバイスの入札単価調整比など、運用者にとって便利な機能が追加されていますので、ぜひ更新またはインストールしておくことをお勧めします!


    参考リンク: AdWords Editor のダウンロード – Google


    著者

    Related posts

    *

    Top